素敵なウェディングネイルのために…結婚式までにやっておきたいネイルケア

花嫁の指先を飾るウェディングネイル。ネイルデザインばかりに気をとられがちですが、ネイルの土台となる自爪や手のケアも忘れてはいけません。結婚式の前日だけ入念にお手入れしてもあまり効果が期待できないので、結婚式の日程が決まった時点で、爪と手のケアについて意識するようにしましょう。今回は、結婚式当日までに行っておきたいセルフネイルケア&ハンドケアと、ネイルサロンなどで受けられるスペシャルケアについてご紹介します。

長さ調整と甘皮処理

ネイルサロン(ブライダルネイルサロン)やエステサロンなどでもスペシャルネイルケアやハンドケアを受けることができますが、自宅でもある程度ケアをしておきましょう。

・爪ヤスリで整える
爪の長さや形は、爪切りではなく爪ヤスリ(エメリーボード)で整えましょう。
好みの形と長さに整えておきます。

・甘皮処理
ネイルアートのときは邪魔になりがちな甘皮。
甘皮処理は2週間に1回くらいが目安ですが、あまりこまめにやりすぎても爪に良くないので、正しい方法と頻度で行いましょう。
ただし、甘皮の処理方法に詳しくない方は無理に自分で行わず、プロのネイリストに任せましょう。

 (499701)
 

保湿ケア・マッサージ

・保湿
ハンドケアもネイルケアも、基本は保湿をすることが重要です。
やっかいなささくれや二枚爪も、指や爪の乾燥によって起こります。
せっかくのウェディングネイルも、指や爪にトラブルがあっては思ったように仕上がらない可能性も。
ネイルオイル(キューティクルオイル)やハンドクリームをこまめに塗る習慣をつけましょう。
オイルやクリーム以外に、爪専用の美容液も販売されています。

・乾燥対策
水仕事や掃除で使う洗剤や水などの刺激から大切な自爪を守るため、ゴム手袋をするなど普段の保護対策も大切です。
また、家事に使う洗剤、特にキッチン洗剤は、肌に優しい成分を使ったものを選ぶようにしましょう。

・マッサージ
週に1回程度でいいので、手や指先の血行を良くしたり、ツボを刺激するためのマッサージを行いましょう。
摩擦や刺激を防ぐため、マッサージをするときは必ずクリームやオイルを爪や肌に馴染ませてから。
お風呂上りなら、血行も良くなっているのでおすすめです。

サロンでのケア

ネイルサロンやエステサロン(ブライダルサロン)などのメニューに、ネイルケアやハンドケアが入っていることがあります。
どのようなケアをするかはサロンによって異なりますが、プロのお手入れはやはり格別。
結婚式のスケジュールに合わせて、ぜひケアを受けておきたいですね。

・ジェルパックトリートメント
特殊なトリートメントジェルを手や指に塗ってパックすることで、美肌成分を浸透させるケア。
ウェディングネイルが一層際立つような、みずみずしい肌になります。

・マッサージ
プロのネイリストによるマッサージによって手や指の血行を良くして、爪に栄養を行き届かせます。
乾燥や手荒れなどに悩んでいる人にもおすすめ。
マッサージには、癒しの香りのアロマオイルなどが使われることもあります。

・パラフィンパック
マッサージなどの仕上げに行われる、ろうのパウダーを使った特殊なパック。
パック中はとても温かいので、秋や冬の結婚式前には特におすすめのスペシャルケアです。
血行も良くなって、もっちり肌になります。

一生に一度の結婚式。
ウェディングネイルをより輝かせるためには、自爪や手をいたわるケアが重要です。
結婚式直前になって慌てるのではなく、早めにケアを始めて、結婚式当日は指先まで完璧な花嫁でありたいですね。

Itnail編集部