ほっぺにキスは効果的? 愛情表現の1つとして効果的に取り入れる方法

キスというのは気持ちを伝える意味でかなり踏み込んだ行動です。
しかし、一歩間違うと誤解を呼んだり泥沼にはまってしまいます。

1030-2001

1.海外との文化の違い

海外ではチークキスと呼ばれますが、実際唇をほっぺにつけずに軽くチュっと音を鳴らして親密さや友情の表現として日常で実施します。ハグと同じようなものだと考えるとわかりやすいでしょう。
なので、即恋愛ということではなく、あくまでも近しい関係だということをお互いに確認するための挨拶となります。
日本以外で生活した経験が多い彼を好きになった場合は、その辺も注意しましょう。
今回は日本人で日本で長く生活されている男性を例にとってお伝えします。

2.キスの重み

男性にとってキスをされるということはたとえほっぺであっても、かなり「自分に気がある」という印象を持ちます。
なので、ほっぺにキスをするということは、あなたが彼に恋愛の意思表示を正式にすることになります。
まだ恋愛に発展するかそこまで本気ではない彼にしてしまうと、彼の温度感があなたに比べて一気に高まってしまい、いきなり彼の強気の行動を受けてしまう可能性があります。
そうするとお互いの心のバランスが崩れてしまいますので、軽はずみにはしないようにしましょう。

3.恋愛中は積極的に

一方で、恋人の関係になった後は、ほっぺにキスは愛情表現として、あなたと彼の間でキスに関するとらえかたをすりあわせていくことができます。
初めはびっくりされるかもしれませんが、「大切だっていうお互いの確認のサインね」ということで、あなたと彼だけの愛情表現という形でお互いに理解しあっていれば、良い関係を継続するためにとても効果的になります。

4.清潔感と頻度に注意

恋人であったとしても、唇があれてかさかさだったりしてはせっかくのキスも効果が半減以下になってしまいます。
口臭も含めて日頃のメンテナンスをしっかりキープした上で、ほっぺにキスを愛情表現として取り入れましょう。
また、頻繁にするのかそうしないのかも彼との間で暗黙のルールを決めておくと良いと思います。
外国のように2人だけの愛情確認という意味で必ずデートの最後にするようにするというのもありですし、記念日やあなたと彼にとっても大切なタイミングでだけするというようにほっぺにキスするという行為について重み付けをしてあげるのも良いと思います。

5.気軽だからこそ効果的に

唇と唇を合わせるキスやディープキスに比べて、とても気軽に取り入れることができます。
だからこそ、誤解を招かないように恋愛関係になった後にできれば取り入れて行きましょう。
不要な誤解はお互いにとって不幸なだけです。
一度取り入れると決めたら今回のヒントを参考にして、ぜひ効果的に彼との愛情表現の1つとして取り入れるようにしてくださいね。

いかがでしたか?

男性心理も理解した上で、恋の必殺技としてほっぺにキスを活用していきましょう。くれぐれも誤解を招かないように。

written by 神崎志乃