初めての彼女と結婚するメリット・デメリット

私は今現在付き合ってる方がいます。2人とも、異性と交際するのは初めてで、好きは好き。
だけど、この人と結婚したとして、世の中には沢山の男性がいるのに、離婚するまで他の方を好きになってはいけないのかと思うと、ちょっと躊躇してしまいます。当たり前といえば、当たり前なんですが……。

初めての恋人と結婚した場合、女性の意見を伺うと、

「思ったよりも幸せな家庭が持てたので、結婚して良かった」「もっと他の人をみるべきだった……と後悔しています」

以上の2つに、意見が分かれるようです。ですが、男性も同じようなことを考えていたりするのです。
今回のコラムでは、男性の立場から「初めての彼女と結婚するメリットとデメリット」についてお伝えします。

1031-9001

メリット

●純愛主義であれば生涯にわたって自己満足が得られる。

「生涯、1人の相手と添い遂げたい」
という気持ちを持っているならば「初めての相手と結婚できた」という事実だけで、満足できることがあります。

●恋愛初体験の高いテンションで伴侶を選ぶことは、彼女のNG部分をある程度覆い隠せる

いわゆる「あばたもえくぼ」という状態ですね。
過去の女性との比較というものが起きないため、結婚後の彼女の価値が劣化しにくいのです。
他の人から見ると「???」という部分があったとしても、自分がその時「彼女がいいんだ」と、強い気持ちで決意し、結婚を決めたので、NGな部分があっても気にせずにいられるということですね。

デメリット

●結婚後、他の女性と深い繋がりを持ってしまうと、浮気癖に繋がってしまう恐れがある。

●友人などが嫁自慢をしたとき「早まってしまっていなかったか?」というような後悔に似た気持ちが湧き、その気持ちがそれ以降も続く恐れがある。

●彼女が複数の男性と経験がある場合、結婚生活において彼女に対し常に引け目感じる恐れがある。

デメリットの3つは、他の女性と経験がないことから「早まったかな……」と感じてしまうことから来るようです。
ここまで読んで、気づいた方はいらっしゃると思いますが……。

どんな人であれ、相性の良い部分と悪い部分は存在します。
悪い部分を見るときには失敗したなと思うこともありますが、他の人を選んでも、その人の悪い部分は必ずあるもの。
相性の良い部分が多い人であれば、あとは「まぁ、このくらいいいかな」と、許容するしかないことはあります。

特に、恋愛がパートタイムなら、結婚はフルタイム勤務。いいところだけをとって結婚生活を送るわけにはいかないのです。
そう考えると、「まぁ、このくらいいいかな」と思える女性であれば、誰と結婚しても満足が大半で、多少は我慢することもある。この構図は変わらないと思います。

これは、男女を逆にしても同じこと。
だから、結婚の話がでた場合はいろいろ迷わず、結婚へ進んだとしても、歴史短縮してゴールインできたと納得するのが、幸せへの近道なんですよ。

「2人が一緒に暮らすことを、考えるようになる」というのは、滅多にないご縁なのですから。

Written by 橘つぐみ