男性がこっそり明かす! 一瞬で落とされた「告白」シチュエーション4選

いよいよ人肌恋しいシーズン到来! 寒さの厳しい日は、大好きな人を体を寄せ合って、温め合いたいものですよね。

「でも、自分から気持ちを伝える勇気なんてムリ!」

それでは、せっかくの恋を逃してしまうかもしれませんよ。男性はあなたからのアプローチをこっそり期待しているんです。
今すぐ、男性に聞いた!「思わずオッケーした告白シチュエーション」をチェックしてみましょう。

1031-10001

1:突然バックハグして、「好き」とつぶやく

「ぶっちゃけ交際を迷っていた女性に、突然後ろからハグされて『やっぱり気持ち抑えられない。好きです』って言われて、最高にドキドキした。一瞬で恋に落ちるって、こういうことを言うんだろね」(28歳/建築)

何の前触れもなく、後ろから男性にギュッと抱きつくドキドキは、お化け屋敷やジェットコースター以上の“吊り橋効果”あり! 突然のうれしい出来事に興奮を隠しきれず、かなり動揺してしまうといいます。コレはかなり勇気のいる告白ですが、成功率がぐっと高まるのも納得ですね。

2:「今のは冗談じゃないよ」と本気で交際をアプローチする

「いつもふざけて『お互い35歳まで恋人がいなかったら、付き合おうね』って約束していたから、今回も同じノリかと思ったら、『今日は冗談じゃないよ。本気で付き合いたいの』と真面目な顔をして言われて、思わずギュッと抱きしめちゃった」(30歳/公務員)

友達のように冗談を言い合える仲なら、告白の前段階として「○歳までフリーだったら、私が引き取ってあげる」なんてセリフを口にしてみて。マンザラでもない様子が見られたら、次の機会に思い切って告白するべし! いつもと違ったあなたのギャップに、男性は胸がキュンとすること間違いなしです。

3:二人乗りしているとき、後ろから「付き合って」と告白する

「遅いから心配で、バイクで二人乗りして家まで送っていたとき、後ろから「私、○○君のこと好き」って告白された。本当は聞こえてたけど、もう1度聞きたくて『えっ? 聞こえない!』なんてイジワルして、2回も好きって言わせちゃった」(22歳/学生)

男性たちが、「1度でいいから言われてみたい」と憧れているシチュエーションの1つ。まるで青春漫画/映画のワンシーンのようで、胸がキュンとしてしまうんだとか。二人乗りをするチャンスがある方は、実践してみてはいかがですか? きっといい返事をもらえるはずです。

4:長電話が終わる直前に、「今日はありがとう。好きです」と伝える

「どんなに気になる相手でも、1時間以上受話器を持っていると、耳も手も疲れてくる。もちろんトークは最高に楽しいんだけど、そろそろ切りたくなってくるんだよね。そんなとき『今日は忙しいのに付き合ってくれてありがとう。好きだから、もっと繋がっていたくて……。明日もかけてもいい?』とポロッと告白されて、最高にドキドキした」(29歳/メーカー)

1時間以上の電話をするくらい二人の関係が深まってきたら、告白のタイミングを伺ってみて! 疲れてちょっと無言になったとき、明日も早いから……と電話を切ろうとしたとき、「今日はありがとう。○○君のこと好きだよ」とさりげなく素直な想いを伝えれば、一瞬で疲れが吹っ飛ぶくらい男性を喜ばせることができますよ。

いかがでしたか?

男性が恋に落ちた告白のシチュエーションに共通しているのは、今までありそうでなかった“ドキドキ”や“サプライズ”。
あなたも真剣な想いに小さな“非日常”をプラスして、告白してみてはいかがですか? きっと成功率はぐっと上がるはずですよ。

(取材協力)
・20~30代独身男性

wrtitten by mook