香る女とパンデピス ~アナウンサー小泉恵未の【コエミの恋するグルメ】Vol.9~

よくバラエティー番組の中で、女優さんに向かって「○○さん、すごくいい匂いするー」って話す場面を目にしませんか? 素敵な女性は上質な香りを纏っていることもしばしば。

でも香水を普段の生活の中で上手に使いこなすのは、お洒落の上級者。男性の友人曰く「香水よりも、シャンプーの匂いがする女の子がいい! 思わず頭をナデナデしたくなる!」とのこと。まずはココから始めてみませんか?

シャンプーの匂いがアピールできるのなんて、髪の毛洗い立ての朝の通勤ラッシュぐらい。営業回りや打ち合わせ、ランチの際についてしまう油やタバコの臭いなどで、いつしか消えてしまいます。そこで活躍するのがヘアフレグランス。髪にそのまま吹き付けず、空中にプッシュしてその下をくぐり、ふわっと香りを纏うのがポイント

男性との距離を縮めるには

あとは自然と男性に寄り添うだけ。私なら「怖がりなコーギーが海にダイブする動画知ってます? 動画サイトで話題になったの。すっごく可愛いから見てみて!」とスマホを彼の近くへ。

覗き込んだ相手との距離を45センチまで縮めれば……きっとあなたの香りを彼に印象付けることが出来るはず。

シーンに合わせた香りを

どんなに良い香りでも、食材の風味を大切にするお寿司屋さんや、繊細な香りを楽しむレストランでのフレグランスの使用はマナー違反病院などに行く時にも控えるのを忘れずに。

料理で楽しむ香り

嗅覚をくすぐるメニューが楽しめるのは広尾のイタリアンレストラン「アンビグラム」
ほら、パン屋さんの前を通ると、甘く香ばしい香りが立ち込めて、思わず買って帰りたくなるでしょ? ここのパンは、そんな「食べたくなる香り」が立ち込めてくるのです。その秘密を聞いてみたら、フランスの北東部アルザスにしか売っていない香辛料を使っているのだそう。それがこのパンデピス

image2

最近ドラマ「失恋ショコラティエ」に登場したので耳にしたことがある人も多いのではないかしら。スパイスで香りづけしたパンで、寒い冬を乗り切るというフランスの伝統的なお菓子。口に含むとシナモンよりやさしい味が、ふわっと広がります! では、ヒロインの石原さとみさんのような可愛さで言ってみましょう「…ん~、幸せ~」


他にも、カジキマグロのフライは衣がサクサク! ソースとの絶妙な組み合わせで、3枚は食べられそうな、あと引く美味しさです。

image3

最後にスパークリングワインを注いでいただく桃のコンポートで締めくくれば、それはそれは幸せな1日となります。

image4

記憶に残る香りを二人で楽しむ、ちょっと上級なデートの楽しみ方。そしてレストランを出る時にヘアフレグランスをひと吹き。これで、男性との帰り道は、素敵な香りを纏ったあなたを感じてもらうことができるでしょう。


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…