告白に王手!「紅葉狩りデート」で気になる彼と距離を縮める方法

秋といえば「紅葉の秋」。やはり紅葉といえば奈良や京都が有名ですが、最近は高尾山など都内近郊のスポットも注目されていますよね。休日を利用して、紅葉狩りに出掛けるという人も多いかもしれません。

そこで今回は、紅葉狩りで気になる男性との距離をグッと縮めるとっておきの秘策をご紹介。お付き合いまであと一歩という女性は、紅葉デートで最後の一押しをしましょう!

◆作戦1:万全な準備でしっかり者をアピール

アウトドアデートは、なんといっても事前準備が大切!前もってしっかりと対策しておくことで、当日スムーズにデートを進めることができます。まず、紅葉デートで起こりがちな「渋滞」「疲れ」「寒さ」という3つの問題から考えていきましょう。

デートといえばドライブ。「気になる彼の助手席に座りたい」「彼の運転姿を見てみたい!」と思うのが女心ですが、紅葉デートにおいてそれは少し危険かもしれません。というのも、紅葉狩りに渋滞はつきもの。かなりの高確率で渋滞に巻き込まれてしまいます。

カップルであればそんなハプニングも楽しめるかもしれませんが、デート回数が浅い二人の場合、長時間の移動はリスキー。次第に話題が尽きて、気まずい沈黙が社内を包み込んでしまうかもしれません。また、彼も長時間の運転では疲れが溜まってしまいます。

紅葉デートでは、「ちょっと調べてみたんだけど、渋滞に巻き込まれちゃいそうだから電車にしない?」とあらかじめ提案しておくのが正解。事前にリサーチしたというデートに前向きな姿勢も好印象ですよね。

そして、意外とあなどれないのが「疲れ」と「寒さ」。長時間、場合によっては舗装が完璧でない道を歩くことになるので、足元はスニーカーなどの歩きやすい靴がオススメ。また、11月は日や時間帯によってかなり冷えるので、寒さ対策も万全にしておきましょう。

◆作戦2:自撮りショットと服掴みで急接近

デート中のカップル

これは、奥手でなかなか自分からアピールできない女性にオススメしたいテクニック。綺麗な紅葉をカメラにおさめるついでに、「せっかくだから一緒に写真撮ろー!」と自然な流れで誘ってみましょう。

男性によっては、二人で写真を撮りたくても恥ずかしくてなかなか口に出せないという人も。ここは女性が優しくリードしてあげるのが正解です。写真は後々も見返すことができるのも嬉しいところ。「この写真よく撮れているね」とLINEなどでコメントし合えば盛り上がること間違いなしです。

お互いの身体が密着すれば、相手のことを意識するのはもちろん、それだけ二人の心の距離も縮まっていきます。ここは恥ずかしがらずに、少し彼のほうに身体を傾けてみましょう。

また王道ではありますが、人混みが多いとき彼の洋服を掴むテクニックはやはり効果的!過度なボディタッチは苦手とする男性もいますが、ちょこんと洋服を掴まれるのは多くの男性にとって胸キュンポイント。どんどん使っていきましょう!

◆作戦3:全てを「楽しい思い出」にする

これはとっても簡単なテクニック。意識的に「楽しい!」と笑顔で口にするだけです。交際前のデートや付き合いたてのぎこちないカップルに是非とも試してもらいたいテクニックです。

「ここは男がリードしなくては!」と念入りにデートプランを考え、あなたを楽しまそうとしてくれている彼に対して心掛けることはただ一つ。デート中は「綺麗!」「楽しい」「美味しい」などポジティブな言葉を、意識的に発してみてください。

これも紅葉狩りあるあるですが、紅葉の時期はその年によっても変わるので、「紅葉狩りに行ったのに、まだ紅葉してない!!」なんてがっかりハプニングが起こることも。そんな時は「逆に楽しい!」「これはこれで思い出になったからよかったよ!」と、優しく笑い飛ばしてあげましょう。

男性は、失敗に寛容な女性やハプニングを笑いに変えてくれる女性に対して安心感を抱きます。その日一日の全てを楽しい思い出にすることができれば、彼からの告白はすぐそこ。チャンスを逃さずに、気になる彼のハートをがっつり掴んじゃいましょう!

これらのテクニックは、カップルでも使えるものばかり。新鮮な気持ちで秋の紅葉デートを思う存分楽しんでくださいね!