清潔感のある女性を嫌いな男性はいない! 清潔感を手に入れる方法

あなたは清潔感がありますか?『人は見た目が9割』という本もありましたが、見た目の清潔感はとても大事です。
では、具体的に清潔感って何なのでしょう? 今回は、男性がときめく女性の清潔感について、まとめてみました!

B

基本的な清潔感は男性と同じ

まず男性の清潔感を考えてみましょう。なんといっても、パリッとしたスーツの男性は恰好いいですよね。でも、ヨレヨレのシャツや、ダボダボのスラックス、髭のそり残しがあると清潔感に欠けますよね。

基本的なところは女性も同じです。スカートのしわは取れていますか? ブラウスのサイズは合っていますか? ムダ毛の処理はできていますか? スカートよりもパンツのほうが楽だという女性の意見をよく聞きます。ストッキングをはいているとはいえ、足を見せるわけです。
ということはムダ毛の処理もしなくてはいけないので面倒です。でも、肌を露出するからこそ、伝わる清潔感もあります。
第一印象でマイナスに思われないために、服装を1度見直してみましょう。

艶がある女性の髪は美しい

艶があり、綺麗にセットされた女性の髪はとても美しいと思います。その分、時間がかかりますよね。それは男性も重々承知しています。仕事でもデートのときでも、キレイにセットされた髪を見ると、男性はときめきます。
逆に言えば、すべての女性にはそうあってほしいと男性は思っています。だからこそ、ボサボサの髪だったり、しばらく美容院に行ってないような髪だったら、マイナスです。最悪の場合、女性として見てくれないかもしれません。

肌はけっこう見られている

髪と合わせてよく見られるのは肌です。メイクは濃すぎないか、肌荒れはしていないか。男性は意外にチェックしているもので、「あの人、今日はメイクが濃かったよね」など、帰りの電車の中で話したりしています。
肌で大事なのは、普段のケアだと思います。寝る前にはメイクを落とす、野菜を食べるようにする、睡眠をとるなどして、肌が荒れないように気をつけましょう。

足元の清潔感はキレイな靴

足元の清潔感を考えてみましょう。若いうちなら生足でもいいかもしれませんが、ある程度の年齢になってくると、ストッキングをはいた方が女性の足はキレイに見えます。あとは靴です。ビジネスの場面だと男性は暗い色が多くなりますが、女性は明るい色にも挑戦できますよね。暗い色の方が汚れにくいですが、ここはあえてクリーム色のような明るい靴を選びましょう。汚れやすい色だからこそ、それをキレイに扱えると清潔感がぐんとアップします。

バッグの中が散らかっていると幻滅

例えばエレベーターに乗っているとき、隣の女性のバッグの中が見えることがあります。そのときにバッグの中がメチャクチャだったら、清潔感の欠片もありません。仕切りのないバッグだと、中身が散乱してしまいますよね。
でも、ちょっとしたした工夫でいくらでもバッグの中はキレイになります。小物はポーチに入れたり、バッグインバッグにペンやノートを収納してみましょう。見違えるようにバッグの中が整理されます。自分にとっても使いやすいと思いますし、男性から幻滅されることもありません。バッグの中も1度見直してみましょう。

まとめ

いかがでしたか? 女性に求められる清潔感は、男性よりもレベルが高いと思います。それでいて男性は「女性は清潔感があって当たり前」と思っていたりもします。毎日それを求められるのは大変ですよね。
でも、それが普通になれば、男性はあなたを清潔感のある素敵な女性として見てくれますし、ジェントルに接してくれます。いつも清潔感のある女性になれば、男性から大切にされると思いますよ。

Written by 前田ヒロキ