できれば恋人候補には避けたい! メンヘラ男子を見抜くコツ

メンヘラという言葉、最近よく耳にします。
筆者が周囲で耳にするそのメンヘラというのは、心の病をおっているわけでもなく、ただ単にネガティブだったり、しつこかったり、嫉妬深かったり、女々しかったり、そういう人を全てひっくるめてメンヘラと称しているような気がします。恋愛に置いては、こういうタイプが恋人になると大変ですよね。

そこで今回は、メンヘラ男子を見抜くコツをいくつかまとめてみました!

1109-1001

自分に自信がない

メンヘラ男子の1番の根本はここです。自信がないのです。自分に自信がないがために、マイナスな言動に繋がってしまうという流れ。もし、好きになった人がメンヘラ傾向があるならば、「自信を持たせてあげること」が特効薬になると思います。

やきもち焼き

付き合ってみなければ分らないこの性質。付き合う前に確認するコツは、たとえば、「今なにしているの? 」「明日はどんな予定? 」などと、細かくスケジュールを把握したがっているかどうかで判断出来るかと思います。細かくあなたの行動を知っておきたいという場合は、付き合ってからやきもちを焼くタイプの可能性が高いですよね。

愚痴が多い

仕事や仲間、あるいは元カノの愚痴が多い男子。そもそも愚痴っぽい男子なんてなんだか嫌ですが(笑)、誰かとの意見の不一致などで愚痴が多いということはつまり、「相手が自分の思い通りにいかなかった」ということを意味します。「人にはいろんな考えがあるんだ」ということを理解している人であれば、不満や愚痴は出てきません。もし付き合ったならば、あなたを自分の思い通りにしたがる可能性がありますね。

しつこい

1日に何度も連絡がくる。好きな人からの連絡であれば嬉しいですよね。しかし注意したいのは、こういうタイプは付き合った後、執拗に連絡を取りたがったり、こちらが少しでも連絡を取れないタイミングが生まれると不安になって何度も連絡をしてきたりする可能性もあります。女子同士の場合は、頻繁に連絡を取り合う人はたくさんいると思いますけどね。男はメール嫌い、くらいが丁度良いと思います。

悩み事のスケールが小さい

かなり昔、筆者がコンパで出会った人にこういう男子がいました。「履歴書の長所の部分になにを書いて良いか分らなくて1週間もご飯が喉を通らない。」と。就職活動の真っ只中だったから、履歴書の書き方に悩むのは分らないでもないけれど、でもちょっと、いや、かなり驚いてしまいました。人の悩みの大小は様々だとは思いますが、それをデートの最中けっこうな分量で話されてしまったのは正直辛かったです。ひたすら励まして終わったデートでした(笑)

自分の話が多い

自分に自信がないわりに、自分の話が多いのもメンヘラ男子の特徴。ナルシストなのかな? と思うこともあります。その上、こちらが会話をふってもすぐに自分の話に持って行ってしまう。だから結局ずっと自分の話、っていう(笑)自分のことにしかアンテナが向いていないんですよね、きっと。だから、自分にデリケートすぎて傷つきやすかったりするんでしょうね。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? あなたの好きな人はどうでしょう? もし少しでもメンヘラの疑いがあるならば、その辺もふまえて付き合っていけるかどうかをじっくり考えてみると良いかもしれません。

Written by ヒナタ