【男の本音】実は好きじゃない!?寝起きのエッチは男を引かせる要素が満載だった…

 

20161111_m_31060222_s

朝、彼氏が寝ているベッドにもぐりこんで襲っちゃう、そんな甘くてエロい演出を企てた女性も多いと思います。

確かにシチュエーションとしてはエロくて魅力的ですが、男はこうした寝起きのエッチを好まないのが本音です。

いや、男性によっては好まないどころか、むしろ引いてしまうことすらあるのです。

汗、寝る前のトイレ

エッチの前にシャワーを浴びるのは、言うまでもなくエッチに備えて身体をキレイにするためです。

寝起きのエッチはそれまで寝ていただけなので、シャワーを浴びなくても問題ないと思うかもしれません。

しかし、細かく言えばそうとは言い切れないのです。

寝る前にトイレに行っているでしょうし、寝ている間に汗もかいています。

それらが理由で、男性は身体を舐めることに躊躇してしまうのです。
状況的に「シャワーを浴びてから」とは言えないですし、特に臭いを気にする男性は、これが理由で寝起きのエッチを嫌います。

ムダ毛の問題

エッチの直前にムダ毛を処理する女性は多いです。
しかし、寝起きのエッチはムダ毛を処理する時間がありません。まして寝起きとなれば時間も朝ですし、あなたの裸は男性の目に鮮明に映ります。

これは興奮が増す一方、余計な箇所も見えることにもなるのです。

いくら裸のあなたが迫ってきても、ムダ毛がうっすらと目に入れば男性は萎えてしまいますし、以後のあなたの裸に対する印象や評価にも影響してきます。

その後、何もしたくなくなる

男性は射精後、極度の疲労感につつまれます。このため、射精した後は何もする気がなくなります。もし仕事前ならとても出勤する気になれないですし、休日だとしてもその後何もする気がなくなってしまいます。

ダメだと思いつつも射精後の疲労感には勝てないので、その点でも男性は寝起きのエッチを好まないのです。
シチュエーションとしては、確かに寝起きのエッチには抜群のエロさがあります。

だからこそ男性は喜ぶと女性は思いがちですが、そもそも男性はシチュエーションはあまり気にしません。また、さすがの男性も朝は性欲自体が高くないため、寝起きのエッチには興味を示さないのです。

夜に時間を掛けて濃厚なエッチを展開する、この方が男性は遥かに喜びます。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…