知らないと赤っ恥!? 結婚式の“靴”マナー

結婚式にお呼ばれしたとき、あれこれドレスを選んだはいいけれど、足元については見落としていた! ということはないでしょうか。「ま、いつものパンプスでいいか」「スニーカーじゃなければ大丈夫でしょ」なんて簡単に考えているあなた!
大人女子には、足元のオシャレが肝心ですよ~。

マナーを知らずに恥をかかないように、今回は、結婚式の“靴”マナーについてお話しましょう!

1114-1001

こんな靴はNG

基本的にはしっかりとヒールのあるパンプスを選ぶのがベストです。オシャレならいいかというとそうでもないのが結婚式のマナー。以下のNG例を参考にしてください。

①カジュアル系
・スニーカーはもっての他として、ブーツ、ブーティなどもカジュアル系に入ります。
・サンダル、ミュールなどつま先が見えたり露出の多い靴は、どんなに繊細でオシャレでも結婚式ではカジュアル靴と見なされます。
・ヒールが3㎝以下の靴はパンプスの形をしていてもNGです。

②獣系
・クロコ革
・ヒョウ柄やパイソン柄

ヒールで、よそいき感覚のパンプスであっても殺生をイメージさせるものはお祝いの場にふさわしくないとされています。どんなにエレガントなデザインでも避けた方が無難です。また流行りのファーも元を正せば動物の毛……殺生をイメージさせます。羽などをあしらったものも同じく! モチーフ付きを選ぶなら、動物をイメージさせないビジューやリボンなどを選ぶようにしてください。

③ バイカラー
バイカラーって2色の配色ですよね。こちらは2色に分かれているということで、「別れ」を連想させるといわれ、結婚式には好まれないデザインです。実はドレスもバイカラーのものはNGだってご存知でしたか? 花嫁のカラーである「白」を避けるだけでなく、配色にも気をつけなければなりません。
また靴でいえばヒールの太いもの、木目調のもの、ソールがコルクのものもNGとまではいいませんが、カジュアルな印象を与えるので避けた方が無難です。ヒール部分は「なるだけ細身のもの」と覚えておけばいいでしょう。

その他『結婚式の足元』マメ知識

その他、覚えておくと便利なマメ知識をお教えしましょう。

・足元の「白」はOK
さきほど花嫁の「白」は避ける、と書きましたが、こちらはドレスだけでバッグや靴などの小物はOKとされています。なので『白』のパンプスは選択可能です。

・ストッキング
素足はNGです。また、ストッキングならなんでもいいかというと、真っ黒なのはお葬式など不幸なイメージがあるため避けなければいけません。タイツもおすすめできません。自分の肌色に合ったベージュ系なら間違いないでしょう。

・2次会だけの出席の場合
海外で身内だけの挙式を行い、友人や知人を招いて行う披露宴は2次会のみというケースも多くありますね。2次会だけ出席の場合、マナーは緩くなります。パンプスに限定せず、ブーツ着用も許容範囲。ただし、サンダルやミュールなどつま先やかかとが出てしまう靴はやっぱりNGです。

いかがでしょうか。

マナーが大切、とはいえ、普段ヒールに慣れていない方にとっては長時間のヒールは少し気が重いですよね。痛くならない工夫として以下の2点を心がけましょう。

・歩幅を狭く歩く。……広い歩幅で歩くと膝が曲がり、身体全体が前のめりになります。姿勢が悪く見えるばかりか、靴擦れの原因にもなりますので、普段より歩幅を狭く歩くようにしましょう。

・ 手を振らない。……手を振って歩くと身体が横にブレてしまい、安定感がなくなります。すると骨格がゆがんで筋などが痛くなるんです。なるだけ背筋を伸ばして歩くことを意識してください。最近では、低反発インソール入りなど足の負担軽減のため工夫されたものも多くありますので、そういった靴を選ぶのも1つの方法ですね。

自分はもちろん、招待してくれた花嫁や知人にも恥を欠かせないよう、足元のオシャレまで気を配れる大人女子をめざしましょう!

Written by mami