もっと親密になりたい♡敬語からタメ口に変える自然な方法

20161114_m_11681152 - young businesswoman whispering something to her colleague in a meeting room

男性と親しくなるには、その男性に敬語を使ってはいけません。しかし、一度敬語で話してしまうと、なかなかタメ口に切り替えるのは難しいものです。 ある日突然口調を変えるのも不自然ですし、問題は敬語からタメ口に変えるタイミングです。 ここでは、至って自然に切り替えができるタイミングを紹介するので、ぜひ実践してみてください。  

STEP1. 普通に会話する

まずは普通に会話すればいいです。 別に敬語でも構わないので、最初は普段どおりに話せばOKです。 注目すべきは男性の話で、もし驚くようなネタを展開すればチャンスです。 仮に男性がそんなネタを話さなくても、その時は適当な話の中でわざと驚けばいいだけです。  

STEP2. 男性の話に驚いたリアクションをする

上記で説明したように、驚くようなネタを男性が話した時がチャンスです。 その時は、「マジで?!」とか「本当に?!」といったリアクションを返してください。 もうお気付きかしれませんが、「マジで?!」も「本当に?!」もタメ口です。 つまり、驚いたリアクションとしてタメ口を使えば、至って自然に敬語からタメ口へと変えることができます。  

STEP3. 以後タメ口で話す

  せっかくSTEP2で自然に切り替えたのですから、それ以降はタメ口で話すようにしてください。 敬語を使いつつも男性の話にわざと驚き、その時のリアクションをきっかけにタメ口に切り替え、それ以降はタメ口を続けるのです。 この流れに不自然さはないですし、これならある程度仲のいい男性に対してなら誰にでも使えます。 最後に、具体的な会話例で流れを紹介します。 女性「今日は寒いですね」 男性「夜、雪になるみたいだよ」←驚くことを言ったこの時がチャンス! 女性「え?!マジで?!」←わざとタメ口を使って驚く 男性「うん、マジマジ」 女性「うわぁ、倒れそう…」←このように、これ以降はずっとタメ口 …というような感じになります。 ぜひ参考にしてくださいね。