料理男子に教わる「ここぞという日にハズさない」モテレシピ

情熱を持って取り組む仕事を持ちながら、趣味の料理にもそれと同程度の熱量を注ぐ「料理男子」。

「料理男子の実態調査」(対象:20~50代の男性108名/amidus株式会社)によると、彼らが料理をする理由1位は「料理自体が好きだから」(54.5%)、2位は「相手を喜ばせたい」(49.5%)、3位は「ストレス発散」(28.3%)との結果になりました。

彼らは料理を「義務」「日々のルーチン」などと捉えることなく、料理を心から愛し、食べてくれる相手のことを思う気持ちにあふれていることがわかります。

そんな本気系・料理男子は実際にどんな料理をふるまっているのでしょうか。

今回、ガチ料理男子2名に、女性を喜ばせる自信のあるレシピを教えてもらいました。

■自家製豆板醤が効いてる!絶品麻婆豆腐

「女性にふるまう料理の中でも特に自信があり、かつ高い評価をいただけるのが麻婆豆腐。

豆板醤は1年程度熟成させた自家製のものを使っています。麻婆豆腐はとにかく“焼き”が重要。

肉も醤も仕上げもしっかり焼いていくことで、味に深みが増し、時間が経っても水っぽくなりません。

コツをつかめば簡単に作れますが、どんどん高みを目指したくなる料理です。

評判がいいので家族に、そして友人を自宅に招いたときはいつも作っています」

レトルトに頼りがちな麻婆豆腐だからこそ、あえて一から作ってもらえると嬉しいですよね。

女性から支持される理由がいくつも詰まっているレシピではないでしょうか。

「こだわりたっぷりの自家製豆板醤」「しっかり焼く」がポイントです。

<上記レシピを教えてくれた料理男子プロフィール>
田淵淳也さん
1983年、神奈川県生まれ。amidus株式会社代表取締役社長。

麻婆豆腐と愛娘を愛する、料理男子。普通、何かに没頭すればおなかがすくが、料理は唯一おなかを満たす。

そんなすてきな営みをもっと誇れるよう、料理男子の新時代の扉を開いていきたいと考えている。

■和洋折衷!ペペロンチーノカルボナーラ

「和風とも洋風とも言い切れない不思議な香りと味ですが、女性には大好評なんです。

冷蔵庫の余りものだけで作れるので、男性の料理は凝り過ぎてちょっと……なんて思われることもありません。

ちょっと変わったパスタとしていかがでしょうか」

<作り方>
豚小間とベーコンを塩胡椒で炒める。フライパンにオリーブオイルを引き、にんにく、鷹の爪を炒める。

人参・玉ねぎ・パプリカ・きくらげ・ほうれん草の順に炒め、食感が残るように塩胡椒をふる。

茹でたパスタを混ぜる。仕上げに、卵が固まらないように、白だしとともに混ぜ、上から粉チーズ・黒コショウをかけて完成。

「初めて食べた!」といった感想を引き出せそうな和洋折衷感が、女性たちの舌には新鮮な印象を残すよう。

野菜やたんぱく質たっぷりで具材がボリューミーな分、パスタの量を減らしても十分満足感はありそうです。

そんなヘルシーな点も人気の理由になっているのではないでしょうか。

■安納芋と鶏ササミで!大人ポテサラ

「とくに酒飲み女友達から大人気の鉄板メニュー、ポテサラです。

酒に合うポテサラをいろいろ試行錯誤した末にたどりつきました。

コショウやマスタードを多めにするとスパイシーな味わいを楽しめます」

<作り方>
安納芋を洗って、そのまま水50mlと一緒に炊飯器に入れてスイッチオン。

大きめのラップに鶏ササミをおいて酒をふりかける。アルミホイルの上に置いて、鍋で酒蒸しにする。

粗熱をとった安納芋、ゆで卵、鶏ササミ、パセリ、玉ねぎ、塩胡椒、マスタード、マヨネーズ、レモンを絞って和えたら完成。

居酒屋で必ず注文したくなるポテサラ。

じゃがいもではなく、あえてこっくりした甘さが特徴の安納 芋を使うのが斬新です。

食物繊維が豊富で美人になれる要素満載のさつまいもは、女性ウケも抜群ですよね。

<上記レシピを教えてくれた料理男子プロフィール>
吉田研三さん
1984年12月生まれ。酒と食をこよなく愛する、IT系弁当男子。

本職はハンドメイド・手作り作品の通販サービスに従事。

休日は1週間保存できる「常備菜」づくりや、シェアハウスのメンバーに手料理を振舞うことに精を出す。

趣味は酒器・食器・調味料集め。日本酒がなければ生きていけない。料理は自分にとって「お猪口」。

3つとも簡単にできるレシピながら、体にもやさしい点が魅力です。

いずれも手近な食材で作れますし、かつ料理男子が教えてくれたことから、男性ウケも期待できるはず。

「狙っている男性」に作ってあげても良いかもしれませんね。