100%自分原因説!男性の愛情が冷めるきっかけ作る女たち

男性は、女性の心をとんと理解できない生き物です。「女心と秋の空」なんて言葉もありますよね。
だから男性は、深く相手の心情を察しようとしても、どうしても全く見当違いなことを考えてしまうもの。酷い場合は、そのせいで男性が勝手に「彼女はもう俺のことが好きじゃないのかも」と思い込んでしまうことだってあります。

今回は、男性の愛情が冷めるきっかけを、意図せず作り出している女性の特長を、いくつか書いていきましょう。

istock_57738548_small_r

悩みを相手に打ち明けられないでいると、面倒なことになる!

1つの物事がうまく行かないと、そのせいで歯車が狂って、アレもコレもダメになっちゃうパターンに陥ることってありますよね。
これって恋愛においても同じことです。仕事だったり、家庭のことだったり、何か抱えている問題がある程度大きくなってしまうと、ストレスが顔や言葉に出てしまう人は、男女共に大勢います。

しかし、彼氏にそのような心情をしっかり伝えていないまま一緒にいるのはご法度です。
なぜなら、相手はそもそも何も聞かされていないわけですから、普段よりダウナーな姿を見せられると、「あ。なんだかつまらなそうだな」としか思うことも多いもの。
変な行き違いの原因になってしまうということですね。ただでさえ抱えている問題があるのに、今度は恋愛関係の不和まで招いてしまいます。

男性って、彼女が煮え切らない態度を見せているだけで、不安になってしまうものですから、その理由を相手が話さないということは、かなりイライラするものです。

男友達と遊ぶという報告はしない方がいい!

「彼氏に正直でありたい」と考えてお付き合いをしている女性も多いでしょう。嘘のない関係で、お互いが信頼しあって交際できれば、それに越したことはありませんよね。

ただし、こういう関係を、交際直後から望んでしまうというのは、いささか無理があります。まだそこまで絆が深まっていないのに、正直に接しすぎるのは、良いことばかりでもないんですよね。
たとえば彼氏に「今日は男友達と遊んでくる」と言って出かける女性がいます。
交際して長い関係なら、特に違和感はおぼえませんが、付き合いたての場合「なんでわざわざ彼氏がいるのに男と遊ぶんだろう」と思ってしまう男性は大勢います。

正直はたしかに美徳ですが、バカ正直になりすぎても、相手を不安にさせるだけです。
「交際直後に男友達と遊ぶ予定が入っても、言わない」という選択肢を選ぶことも、相手を傷つけない手段としては重要です。

おわりに

男性の中には、恋人についてしょうもないことで不安になったり、疑ったりするタイプがいます。
こういう男性って正直めんどくさいのかもしれませんが、彼らに言わせれば「疑われる方にも問題がある」なんてところもあって。

じゃあもしもこの手の男性と交際を続けたいのならどうするかというところになると思うのですが、いかに相手からの愛情を損ねないか、が重要になると思います。自分から破局リスク、原因を作らなければいいだけの話なんですよね。

彼らはわざわざ不安材料を提示しなければ、不安になることもないわけですから。今回ご紹介した2つのポイントをなぞらないだけで、ほぼほぼ相手を安心させたまま交際することは可能でしょう。

Written by 松本ミゾレ