「ひょっとして、可愛い女!? 」王道とギャップで攻める3つの可愛いアレコレ♡(マドカ・ジャスミン)

恋愛How to本やネット記事には、様々なモテしぐさ、テクニックが氾濫しています。
ぶっちゃけどれも似たようなもので、それを実際に行ってみるものの、女性がそれらを目にしているということは、男性もまた然り。恋愛という神聖視されやすい現象も、蓋を開けてみれば、人と人。あまりにも馬鹿馬鹿しい小細工を使うよりも、自然に好意を感じさせられたり、「この子、可愛いな」と思わせるしぐさをするのがベストだと思います。

さて、人の恋愛相談には的確に応じられても、自分の恋愛はまるで氷河期なわたし、マドカ・ジャスミンでさえも、「これがよかったんだな」と成功の理由を実感、もしくは、男性から「可愛かった」と言われた可愛いしぐさを3つほどご紹介します。

A beautiful asian girl is smiling

1:目を見つめて……

「いきなりド王道!?」というお言葉、ありがとうございます。たかが王道、されど王道。小手先の技術よりも、原点的かつ、本能的なところから攻めましょう。相手があなたに対し、特別な嫌悪感を抱いていない限り、目を強く見つめられる、または見つめられる回数が多いと、度合いは違えど、「この子、俺に気があるのかな」と思うものです。ここでポイントなのが、「どうしたの?」や相手が疑問めいた表情を浮かべるまでは、ニコっと微笑まないこと。

相手が自分の視線に意識を預けたその瞬間にクっと口角を上げることにより、表情のダウン→アップというギャップ効果が狙えます!照明が暗かったり、カウンター席で蝋燭が灯されているお店でなら、さらに効果的に作用すること間違いなしです。

2:握った手を○○

目を見つめたあとにすぐ手を繋ぐことを書く、なんて破廉恥なんだろうと自分でも思いました。しかし、敢えて、色々飛ばして書きます。それなりにデート経験がある方なら、「この人いいな」と思った男性とは、早い段階で手を繋ぐのではないでしょうか? 手を繋ぐ、普通のスタイルでも、恋人繋ぎでも、繋いでいるとします。その握っている手をにぎにぎしてください。

実経験だと、 8割強の確率でドキドキさせられます。男性からのフィードバックもありです。視覚的アプローチも大事ですが、より自分の存在を意識させたいのであれば、触覚的アプローチも大事です。ボディタッチと違い、“手を繋ぐ”にお互い意識している状態で小さなサプライズを起こす。手を繋ぐことの成功で安心している男性の心に、柔らかな、それでいて熱いさざ波が起きることでしょう。

3:笑顔

笑顔に勝るものなんてありません。いくら何をしようと、満面の笑顔を浮かべられる女性に叶いっこないです。自分の笑顔に自信のない方も多くいると思います。わたしもそうでした。しかし、男性は、“どんな”笑顔よりも、“笑顔そのもの”に「可愛い」と感じるものです。恋人友人、どんな関係であれ、笑い合える仲で無きゃ一緒にいれません。あなたがその相手と仲良くなりたい、一緒にいて楽しい、そう思うのであれば、素直に心から笑ってみてください。その笑顔はきっと相手にも深く伝わるはずです。

正直、わたし自身も、笑顔に助けられたことが何度もありました。笑顔を笑うものは、笑顔に泣く。「ありきたりなことだ」と思わず、ぜひ1度立ち返ってみてください。ちゃんと、繕っていない笑顔になれていますか?
難しいテクニックなんていりません。大切なのは、あなたの気持ちが相手へ純粋に伝わること。今日や明日、そういう機会がある方は、「そういえば……」と気軽に使ってみてください。
何気ない行動が変化のきっかけです。

Written by マドカ・ジャスミン