「友だち止まりの恋はイヤ!」正真正銘の彼女になるための方法4つ

彼とはデートをする関係。

ただ一向に進展する気配ナシ!

このままでは、ずっと中途半端な関係のまま、なんとなくカップルっぽい日々を過ごさなくてはいけません…。

友だち止まりで恋が終わってしまっている原因は必ずあります。

公式の彼女として認めてもらうためには、一歩でも前に進んでいかないと。

そこで今回は、友だち止まりの恋を卒業して正真正銘の彼女になる方法をご紹介いたします。

■パンツスタイルから卒業する

常に仕事モードだったり、ラクさ重視だったりすると、パンツスタイルが当たり前になってきているでしょう。

スカートを履けば、動きづらくなるし、パンツスタイルのほうが当然楽ちんです。

しかし、デートのときくらいはスカートやワンピースを着て、女性らしさをアピールしておかないと、彼との距離もなかなか縮められません。

夏ならともかく冬の場合は、スカートやワンピースを着ても下にタイツを履けば、足の太さも気にならなくなりますよね。

デートっぽい雰囲気をだすためにも、ファッションから改善してみましょう!

■自分から積極的にデートをお誘いする

LINE上で彼にアピールしていても、結局会わない限りは進展しません。

いつまでも同じ状況が続いているなら、自分からも積極的にお誘いしましょう。

もしかしたら、彼はあなたの気持ちが読めなくて、行動に移せずにいるのかも…。

彼とのお付き合いを希望しているなら、自分からも行動に移して二人の距離をぐんぐん近づけましょう。

ただし、空気を読まずにガツガツとした態度をとられると、引かれる可能性も。

タイミングをよく読みながら、デートへ誘ってみてくださいね。

■女性らしさをアピールする

スカートやワンピースを着ているだけでは女性らしさをアピールしているとはいえません。

たとえば、ハンカチやティッシュはもちろんのこと、絆創膏やソーイングセットを常に持ち歩くようにしておけば、女子力をアピールできるチャンスを逃さないでしょう。

これから冬にかけては、手が荒れやすくなりますよね。

おそらく彼はハンドクリームを塗る習慣がなく、ささくれができて痛そうにしているかも…。

そんなときも、ケアできるクリームや絆創膏を鞄からさっと取り出し渡してあげれば、女子力を発揮できます。

他には、クリスマスデートのときはメイクをかえてみたり髪を巻いてみたりと、いつもと違う自分を演出すると彼をドキッとさせられます。

■付き合う前から素をだしすぎない

どんなに彼との関係が密接になってきても、油断をしてはいけません。

まだ告白してもらえないなら、あくまでも、あなたと彼は友人同士。

たとえデートをしていても、彼氏・彼女ではないのです。

付き合う前から素をだせることは重要ですが、だしすぎてもNGかも…。

たとえば深夜にもかかわらず、仕事の悩みを長文で送っていませんか?

彼からしてみれば「彼氏じゃないのになぁ」と負担に思ってしまうでしょう。

彼女になったつもりで振る舞うと、今までの積み重ねも台無しに…。

最後の最後まで気を抜かないように気をつけましょう。

■油断は禁物!

今度こそ友だち止まりで終わらないように、最終的には告白してもらえるように、作戦を立てましょう。

どんなに二人の雰囲気がよくても、決してその状態で満足してはいけません。

正真正銘の彼女として認めてもらえるまでは油断禁物です!