お付き合い序盤で「牛丼屋さん」に行くべき理由とは?

牛丼屋デートと聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか? おそらく大半の女性が、「デートで牛丼屋だなんてありえない!」と、眉を吊り上げるでしょう。男性側も、「女性とのデートで牛丼屋に行くわけにはいかない」と思っているはず。だからこそ、デートで牛丼屋に行くのは、狙い目なんです。

1122-2001

牛丼屋さんでのゴハンは関係性安定の証し!?

まずは、冒頭で述べた、「牛丼屋デートはアリか? ナシか?」という部分に関して。そりゃ、お付き合い序盤のうちは、オシャレなレストランやバーがメインでしょう。けれども、お付き合いの期間が長くなると、カジュアルなお店でゴハンする機会も増えていきます。筆者自身、牛丼屋さんでのアルバイト経験があるのですが、男女のカップルをちょくちょく見かけましたよ。牛丼屋さんでゴハンするようになったのは、2人の関係性が安定してきた証しと言えるでしょう。

「牛丼屋さんに行きたい」リクエストは超絶キュート!

「お付き合い序盤のうちは、オシャレなレストランやバーがメイン」と書きましたが、逆からの発想で、あえてお付き合い序盤に牛丼屋へ行くのもアリです。「牛丼屋さんに行ってみたいけど、女性1人では入りにくいから、一緒に行ってほしい」というリクエストは、男性目線に可愛く映ること間違いなし! また、相手男性が実は甘党の場合、「パンケーキ屋に行ってみたいけど、オトコ1人では入りにくいから、一緒に行こう」と、カミングアウトしやすい雰囲気を構築できます。

感動は小さめに表現すべし!

いざ、牛丼屋さんに到着したら、小さく感動を表現しましょう。大きく表現してしまうと、ほかのお客さんの目がありますから、男性側が恥ずかしがります。耳元でコソコソ囁くようなイメージで、「めっちゃ感動した!」など、ひと言程度にとどめておくのが無難です。あとは、具体的な言葉がなくとも、全身からワクワク感が放出されていればオッケー。瞳がキラキラしているようなイメージで。

早食いする必要はないけれども……。

オーダーでは、元気よく大盛り……いや、特盛りをセレクトしましょう! と、言いたいところですが。並盛りにしておきましょう。と言うのも、男性って食べるのが早いんですよね。女性側が大盛りや特盛りをオーダーしてしまうと、先に食べ終わるであろう男性をお待たせすることになります。場合によっては、女性側が並盛りで、男性側が特盛りでも、男性が先に食べ終わってしまうことも。だからといって、早食いする必要はないですが、女性同士のゴハンペースとは別物と考えてくださいね。

おわりに

牛丼屋さんに行きたがる女性って、男性にとっては超・新鮮な存在! 新鮮さは、恋愛を盛り上げる最高のスパイスです。たった数百円で、二人の距離感が縮まると思えば安いもの! オシャレなレストランやバーも素敵ですが、牛丼屋おねだりしてみるのも一興ですよ。

written by 菊池美佳子