前髪のセルフカットの方法! 斜めに流すとオトナかわいいかも!

子どもっぽくなりすぎず、かといってオトナっぽくなりすぎることもない、こんな「斜め前髪」がいま大人気! でも、前髪をカットするためだけに美容室に行くのも……ということで、今回は、自分で斜め前髪をつくる方法についてご紹介したいと思います!

Lovely girl decided to get a haircut

まずは前髪カットの注意点から

1:前髪は濡らさないでカットする!
美容室では、髪の毛を濡らしてカットしてくれますが、セルフカットの場合は、濡らさないのがベター! 理由は濡れた状態で切ると、乾いたときに思っていた長さよりも短くなってしまう場合があるから。

2:前髪を下におろしてカットする
少しうつむき加減で、前髪を指で挟んで持ち上げてカットする……セルフカットに慣れていないと、ついこういうことをしがちかもしれません。でも、前髪は下を向かないで、正面を見ながら切ります。正面を見ながら、下に前髪をおろして切ることで、切りすぎを防ぐことができます。セルフカットしたはいいけれど、できあがったら前髪ぱっつんだった……というのは避けたいですよね。

斜め前髪・セルフカットの方法

1:まず髪をとかしましょう。

2:とかしながら、切る部分を決めます。決めたら、切らない部分ピンでとめておきましょう。ここまでが事前準備です。

3:切る部分の髪を取り分けます。ちょうど黒目の端の部分の真上からとるとちょうどいい感じにとれます。右目の黒目の端と、左目の黒目の端のところをとるのです。

4:3で分け取った髪を、左右どちらに流したいかを決めます。

5:決めたら櫛で小さな三角形を分けとり、残りの髪はピンでとめます。

6:5でとった髪を流す方向と反対方向にとかします。

7:6の髪を、指で挟みます。指は床と並行に!

8:7をはさみで少しずつまっすぐカットします。少し切って、切った髪を流したい方向に流して長さを確認し、好みの長さになるまで切ります。まっすぐ切って、流したい方向に流して確認……これを繰り返して、お気に入りの長さまでもっていきましょう。流したときに目に少しかかる感じにしたい場合は、流す前の髪を目と鼻の中間くらいの長さにしておくといいのです。ここまでがメインのカットです。ここからは今切った髪と、周辺の髪のバランスを整える作業です。

9:ピンを外して、8で切った髪の上の部分を大きく三角形にとります。

10:9でとった髪を、流したい方向とは逆にとかします。

11:11の髪を、8で切った髪と同じ長さになるようにカットします。顔から少し話して切ることで、重くなりすぎず、自然な感じでカットできます。

これで形は完成です! 前髪が重たく感じられる場合は、すきばさみで整えます。すき方は、前髪を細く束にとり、その束の下のほうにすきばさみを2か所くらい入れます。

いかがでしょうか。

前髪ぱっつんを避けようと思えば、床と並行に指で髪を挟んで、少しずつ確認しながら切れば大丈夫! すきばさみはネットでも購入できますので、ボリュームを軽くしたい方は、ぜひすきばさみもそろえてみてはいかがでしょうか。
ちなみにアシメ(アシンメトリー)は、前髪を3つに分けると、ご紹介したのと同じような方法で縦にはさみを入れるとできます。アシメは左右非対称の髪型で、オトナかわいいかんじと「こなれ感」があって素敵ですよね。

written by ひとみしょう