恋人とフェードアウトしようとしている男性の特徴

春は出会いと別れの季節。周囲から「付き合い出した」または「別れた」などという話がチラホラ、聞こえてきている人もいるかもしれませんね。でも、実はアナタ自身にも別れが近づいているかも!? 突然、別れを切り出されて心の整理ができない……という事態を防ぐために、恋人とフェードアウトしようとしている男性の特徴を押さえておきましょう。

「仕事が忙しい」と何度もデートを断る
男性は、本当に仕事が忙しい時も「忙しい」と言いますし、相手と距離を置きたい時も「忙しい」と言い逃れをする場合があるので、判断が難しいフレーズでもあります。ですが、何度も同じ理由で断る、いつまで経っても代案日を出さないといった行動は、彼女への関心が薄れつつある兆候そのものです。「同じ理由で断り続けたら相手から不信感を買う」「放っておいたら誰かに盗られてしまう」という危機感が欠如しているからです。

筆者に寄せられる恋愛相談には、「彼の仕事が忙しすぎて会うこともままならない」という女性からの悩みが増えていますが、相手の状況を考慮して、黙って待ち続ける女性が多いのが現実。ですが、待ち続けるだけでは彼の本心をつかみ損ねることもあるので、頃合いを見計らって、思い切って聞く勇気も必要かもしれません。

会えたとしても短時間か、次の予定を入れている
これも「仕事が忙しい」と言い逃れをするパターンと同じく、判断が難しいところですが、会えたとしても短時間か、次の予定を入れているデートが何度も続くようであれば、彼はアナタをキープ的な存在に格下げしている可能性があります。会っている時間はカラダの関係がメインで、終わったらサヨウナラ、というパターンが続くようであれば、その疑いは濃厚。

さらにカラダの関係を持つ際、彼が何となく自分勝手な行為ばかりをしている、という不満が募ったら、関係は終わりに近づいていると言っても過言ではありません。この「何となく」というサインを、現実を直視するのが辛いために無視してしまう女性もいますが、このサインに見て見ぬふりをする期間が長くなればなるほど、アナタ自身の心が辛くなることを覚えておいて下さい。

以上2つが恋人とフェードアウトしようとしている男性の代表的な特徴ですが、正式に交際していたなら、別れる時はフェードアウトさせようとしたり、メールを送りつけるだけで別れようとするのは、卑怯な男性とも言えます。現実に直面すると悲しいと思いますが、こんな男だった場合は、自分からバッサリ縁を切って、新たな道を探したほうが、結局は心を無駄に浪費せず、限られた人生の時間も短縮できると思いますよ。

○著者プロフィール

内埜さくら(うちの さくら)
恋愛コラムニスト。1800人以上の人物取材の経験で磨かれた鋭い洞察力が武器。事務、販売、接客など数多くの職業を経験後、2004年にフリーライターとして活動開始。男性誌で約3年以上、恋愛やセックス特集を担当。ライター活動中に取得した心理カウンセラーになるために学ぶ必須項目の心理学と取材データを元に、処女作の「恋がガンガンうまくいく魔法のフレーズ80」(講談社)を上梓。「恋愛コラムニスト内埜さくらのブログ」も更新中。無料恋愛相談も実施中(休止中の時期もあるため事前に必ずブログを参照のこと)。

(内埜さくら)