気をつけろ!? パーティーでゲームをしても、メリットはない!

みなさん、パーティーはお好きですか?
クリスマスだとか誕生日だとか、そういう折に触れて何人かで集まったり、人によっては飲み会がパーティーだと考えている方もいるでしょう。僕は面倒なので、合コンなんかもひっくるめてパーティーと呼んでいます。
パーティーには楽しいゲームが付き物ですよね。忘年会でもビンゴ大会とかしますけど、ああいうのって結構盛り上がります。
ただ、正直こういう場で、変に「ゲームで楽しもう」みたいな空気、ちょっとキツくないですか?

今回は、ちょっと焦点を狭めて、恋人を探しているような男女が参加するパーティーで、やると盛り下がるゲームについて書いていきましょう。

1124-2001

勇気を出してはじめての王様ゲーム

まずは合コンなんかでの定番、王様ゲームについて書いてみます。これ、やったことありますか?
個人的には10代後半から20代前半ぐらいの男女が、居酒屋で大騒ぎしながらやっている印象を持っています。それ以降の年代となると、「今更そんなのやる?」みたいな空気になっちゃいますよね。

僕もそう思います。いい大人が「○番と○番がキッス」みたいなことで盛り上がるのは、どうしてもちょっと情けなく見えますからね。それなのに結構、30代がチラホラしてる飲み会とかで、「王様ゲーム! イエ~イ!」っていっちゃう幹事いるんですよね。
そんで中にはノリノリになっちゃってる参加者も。あれ、結構その場にいる無関係な人までいたたまれなくなるので、できればやめておきましょう。

山手線ゲーム、そこまで面白くない

それから、こういうパーティーの定番ゲームに山手線ゲームというものがありますよね。あれもいってみれば「わざわざ今そんなのやる必要ある?」と思える程度の遊びです。みんなで集まって飲めや歌えやで騒いでいるだけでも十分面白いでしょうし、わざわざあれをやって盛り上がる程度の空気なら、何をしていてももう盛り上がっているはずです。

たまに、場の空気がイマイチのときに「山手線ゲームをしよう!」と言い出す人もいるみたいですが、うすら寒い空気が山手線ゲームを一変するわけありません。山手線ゲームだけじゃなく「斉藤さんゲーム」や「せんだみつおゲーム」なども同様です。そういえばこの間、若い子も大勢参加していた飲み会で「せんだみつおゲームしよう」といって「せんだみつお? 誰すか?」といわれていた中年男性を見ました。

おわりに

そもそも何人かで集まるだけで楽しいのがパーティーで、いってみればその時点で目的は達しているわけですから、その上で趣向を凝らす必要って、そうそうないんですよね。お酒を飲んで美味しいものを食べながら語らうだけで十分。
変にゲームをやろうと提案する時点で、発想がなんだかバブル世代の人たちみたいに古臭く感じてしまいます。

若い世代が背伸びして楽しむ合コンじゃないんですから、ある程度年齢を重ねたのであれば、落ち着いてパーティーを楽しむ余裕も必要ではないでしょうか?

Written by 松本ミゾレ