20代には勝てない…!? 30代女性が知るべき婚活の現実

■婚活市場で「年上女性」がブームと受け止めてよいのか?
モデルの押切もえさん(36)とロッテの涌井秀章さん(30)が結婚を発表しました。36歳の女性が、大人気の年下の野球選手との結婚。これは、一般の女性にも起こる結婚なのでしょうか?

そこで、30代の女性が知るべき婚活の現実について、ご説明したいと思います。

■一定年齢以上の婚活には妥協が必要
婚活をしている男女に知ってもらいたいのが、一般的に女性は30歳、男性は39歳までが結婚相手の条件にわがままを言える年齢だということです。

それ以上の年齢の男女が、もし結婚をしたいというのであれば、この現実を受け入れて結婚相手の条件を妥協する必要があります。

■年齢が上がると婚活パーティーも参加しにくくなる
まず、出会いの機会がどれくらいあるか、年齢別に見ていきましょう。

●参加できる婚活パーティーの件数
大手婚活パーティーサイト「PARTY☆PARTY」に掲載されている関東の婚活パーティーの件数をご覧ください。

【女性】
・29歳:3016件
・30歳:2498件
・35歳:1224件
・39歳:598件
・40歳:404件
・45歳:188件

【男性】
・29歳:2595件
・30歳:2690件
・35歳:2407件
・39歳:1557件
・40歳:1264件
・45歳:691件

(2016年11月14日現在。「PARTY☆PARTY」より筆者が調査)

実は、婚活パーティーは年齢制限のあるイベントがほとんどで、年齢が上がれば上がるほど婚活パーティーに参加しにくくなってしまいます。特に女性の場合、30歳を超えると半減してしまいます。

仮に参加できるイベントを見つけたとしても、1人の男性に数分しかアピールできない婚活パーティーは、外見だけで判断されてしまって、ライバルである20代の女性にまず勝つことが難しいのが実情です。

■これが現実! 婚活パーティーに潜入
筆者も参加年齢の上限がなく、30歳以上の女性とも比較的交流できそうな婚活パーティーに参加してみました。

今回参加した婚活パーティーは、都内のお寺で行われた「坐禅コン」です。これは、お寺で坐禅を体験した後、婚活パーティーを行う婚活イベントです。この「坐禅コン」は男女ともに年齢制限がない婚活イベントで、男女合わせて40名が参加していました。

参加者は男女ともに、20代が5人、30代は10人、40代が5人という割合でした。

坐禅後に行われたフリータイムでは、男性からの人気は20代女性に集中し、30代後半~40代女性は、男性と会話すらできない状況でした。しかも、40代男性ですら20代女性に群がってしまい、結局20代女性1人に男性が4~5人集中するような構図です。

この結果からも分かるように、仮に婚活パーティーに参加しても、20代の女性が参加している場合、30代後半~40代の女性が勝てる可能性は一気に下がってしまうのです。

■20代こそ婚活パーティーへ! では、30代以上は?
逆に、結婚をしたいと思う20代の女性は、合コンではなく婚活パーティーに参加することを、強くお勧めします。

まず「若さ」だけで、圧倒的に優位に立つことができるからです。しかも、婚活パーティーには比較的年収の高い成功した男性も多いので、経済力のある人を見つけやすいのも特徴です。

生涯独身者候補の悩みを持つ前に、若いうちに恋愛経験をたくさん積んで、理想とする男性を捕まえるための鍛錬がとても重要です。

逆に、30代以上の女性は、アラフォー世代の婚活方法として、最も信頼がおけて、そして筆者が推薦するのは「結婚相談所」を活用した婚活です。

【大木隆太郎の恋愛コラムガイド:大木 隆太郎】