【1人ではなく、2人で過ごすメリクリにする♪】男子が送りがちな「好き」のサイン4選

今年のクリスマスは、絶対におひとり様ではイヤ……こう思っている人は、ぜひ「男子が送りがちな好きのサイン」を知って、そのサインをもとに彼氏をゲットしてみてはいかがでしょうか。

1126%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%bf

1. LINEやメールのレスポンスがはやい

「LINEの既読無視がどうとか、返信を遅らせると恋の駆け引きになっていいとかって言われていますが、ぼくは好きな女子に対してはソッコーで返信します」(25歳・通信)

男子って、意外と単純ですから、好きな女子に対しては、ソッコーで返信をするものです。ソッコーで返信が来ないというのは、仕事中とか……そういうことだったりするのです。LINEなどの返信「ごとき」で恋の駆け引きをしないのが男子。こう覚えておくといいでしょう。

2.会うたびによく喋ってくれる

「ぼくは好きな女子に対しては、会うたびによく喋ります。いつもは無口なんですが、やっぱり好きな女子に振り向いてもらおうと思えば、男として、彼女のことを楽しませたいと思うじゃないですか」(26歳・建築)

これもひとつの男子の特徴です。つまり男子って、付き合うまでかなり無理をするわけです。ふだんは無口な男子であっても、「この人は」と思う女子の前では饒舌になったり……金銭的に無理をしたり……男子ってこういう生き物です。

3.いつも優しくしてくれる

「好きな女子に対してですか? えこひいきみたいに優しくします」(27歳・広告)

中学や高校に、かわいい女子生徒にだけやたら優しい男の先生がいたかと思います。あれ、「教師としてはどないやねん」ですが、男としては、男の習性に素直に生きているわけです……。

4.チラ見で目が合う

「ぼくは好きな女子のことをチラ見します。勇気がなくて目が合ったらそらしますし、もちろん面と向かって告白もできませんが……というか、面と向かって告白できないから、チラ見するわけです」(26歳・損保)

たとえば会社のおなじフロアに、偶然、しかも頻繁に目が合う男子がいるなら……その彼は、あなたのことが好きだということです。「男子がチラ見をする意味」を教えているネット上のコラムはたくさんありますが、「男子がチラ見する」というのは「好きだから」ということです。それ以上の意味もそれ以下の意味もありません。

いかがでしょうか。

男子が放つ「好き」のサインがわかれば、そのあとはどうするべきか? 女子のほうから、ごはんに誘うとか、告白をするとか……こういうことが大切になってきます。
なぜなら「好きのサイン」を送っている男子は、(言うまでもなく)「好き」と言う勇気がないからサインしか送れない……こういう人々なのです。そういう男子に対して「やっぱり告白って、男子からするものっしょ!」とか「告白してくれないなら、ほかの男子を当たろうかな」と思っていては、クリスマスに間に合いません。
「好き」のサインを感じ取ったら、ぜひ女子から告白して、さくっとおいしいクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか。まちがっても、男女お互いにサインをめぐって、腹の探り合いをしつつ、ぼっちのクリスマスを過ごす……こんなことになりませんように!

Written by ひとみしょう