恋愛で痛い目をみた! そこから学んだことってなに?

恋愛はうまくいくこともあれば、失敗することもあるでしょう。なかには恋愛に大失敗をしてしまい、痛い目を見ることも……。
恋愛で痛い目を見てしまうのは嫌ですが、そこから学べることは必ずあるはずです。その学んだことを活かしていけば、次の恋愛で同じ失敗をすることもなくなるでしょう。

今回は、恋愛で痛い目にあった女性に、そこから学んだことを聞いてみました。

Young female enjoying the beautiful outdoors.

「理解ある女」は「都合の良い女」

「大人の女性としてクールにいきたかったため、彼氏が仕事でどれだけ忙しくても文句を言わずにいました。デートをドタキャンされても、次のデートの約束がなかなかとれなくても、『仕事なら仕方ないね』と理解ある女を演出。結局、裏で浮気をされていました。理解ある女って、ただ単に都合の良い女なのですね。次からはもっとわがままにいきます」(32歳/介護)

彼氏に理解を示すのは大切なことですが、あまりに理解を示しすぎると都合の良い女になってしまうよう。ただ、もしかすると彼氏は「忙しくてごめん」という気持ちが最初はあったのかもしれません。しかし、いつまでもそれを許していたため、彼氏もだんだん悪気がなくなってしまったのでしょう。

「私だけは特別」は絶対にない

「過去にどれだけ元カノがいたとしても、いま付き合っている私だけが『特別な存在』だと信じ込んでいました。でも、過去に素敵な元カノがいれば、その人が彼氏にとっての『特別な存在』のままなのです。私だけが特別というのはかなり傲慢だと思いました。付き合っているからと安心せず、彼氏から特別だと思ってもらえるように努力したいです」(27歳教育)

自分が彼氏にとって特別な存在でありたいという気持ちは誰にでもあると思います。彼女なのですから当然ですよね。特別な存在になるためには、気を抜いていてはダメなよう。万が一別れたときに「元カノのうちの一人」程度の扱いにならないようにするためには、それなりの努力が必要ですね。

SNSチェックは時間と心の無駄

「彼氏がいま何をしているのか、SNSでどんな女性と交流しているのかを知りたくて、彼氏のSNSにずっと張り付いていました。そんなことをしていると、彼氏が女友達と交流している姿を見てイライラしたし、いつ彼氏がSNSを更新するかと気になってそわそわしてばかりでした。SNSチェックをして良かったことはなかったと思います。時間を浪費し、イライラが増すだけ。最終的に私のしつこいSNSチェックが原因で別れました」(30歳/医療)

FacebookやTwitterなどのSNSで繋がってしまうと、恋人のページをしつこく見てしまう女性もいるでしょう。しかし、SNSは見始めるとキリがありません。仕事中にも見るようになってしまえばかなりの危険信号。気になるのはわかりますが、気にすれば気にするほど悪い結果を招くと思うほうがいいかもしれませんね。

最後に

恋愛の失敗は取り戻せません。ただ、失敗から学んで成長することはできます。なぜ痛い目を見る羽目になったのかよく考えて、次の恋愛を素敵なものにしていきましょう。学べば学ぶほど、素敵な女性になれるはずですよ。

Written by 神之れい