「都合よく扱われる女」と「本気で愛される女」の決定的な違い

■あなたはなぜ“本気”の恋愛対象になれないのか
誰だって、愛する彼には本気で愛されたいと願っているはず。なのにいつも都合のいい女扱いされてしまう、いつも軽く見られてしまう……そんな恋愛パターンを繰り返し、悩んではいませんか?

「男運がない」。それも理由のひとつかもしれません。しかし、根本の原因は女性側にあることがほとんど。

以下に挙げる行動や考え方は、男性から軽く扱われてしまう要素をはらんでいます。思い当たるフシのある人は要注意。

●常に相手の都合を優先させる
デートの約束など、時間の制約があることなどはお互い譲歩しあってこそ。もちろん忙しくないほうが合わせるなど、フレキシブルな対応は大事ですが、仕事やお稽古ごとを休んだり、友人との先約をドタキャンするなど、あなた自身の生活ペースを乱してまで彼の都合に合わせるのはやりすぎ。

●肉体関係を迫られたら断れない
出会ってから何度目のデートで……といったルールはありませんが、つき合う前の段階で安易にセックスをしてしまうことは、自ら安売りするようなもの。結ばれるベストなタイミングがわからない恋愛初心者のうちは特に、相手の誘い文句に流されるまま応じてしまうことは避けて。本当にあなたを大事に想っている彼ならば、断っても嫌われることはありません。

●好きなタイプは「自分を愛してくれる人」
誰かからアプローチされるのを待つ「受け身一辺倒」な女性に多い考え方。食わず嫌いせず誘いにすべて応じてしまい、結果いい加減な扱いばかりされてしまうのは、ひとえにあなたの主体性のなさが原因です。

●嫌われたくないから我慢してしまう
相手を好きなあまり、何でも言いなりになってしまうのは逆効果。恋愛において、ふたりはフェアであるべき。年齢や身分などの格差を無視できないような関係は、一方には都合がよくても、弱者の立場にとっては苦痛でしかありません。

■あなたの価値を決めるのはあなた自身。「安い女」にならないで!
前述の特徴には共通点があります。それは自ら「安い女」に成り下がってしまっていること。恋に夢中になるあまり、自分を安売りしていることすら気づいていないことも。

すでに彼から都合よく扱われているとしても、現状を変えることは可能です。そのためには、以下の考え方や行動を心がけてみましょう。

●あなたの時間を大切に
いつでも呼び出せばやってくる「便利な女」。そんなレッテルを貼られないためには、あなた自身が自分の時間を大切にすること。

時は金なり。彼との時間も大事かもしれませんが、いつまでも彼に愛されるためには、むしろ彼と会っていない間にどれだけ輝いた時間を過ごすかが重要です。仕事も趣味にかける時間もすべて、あなたを磨く要素であることを忘れずに。そうすれば、彼との時間もより濃密になることでしょう。

●あなたの体はあなたのもの
出会って間もないうちに安易にセックスを求めてくるのは、ただの安い男。そんな安い男を相手にしていたら、あなたまで安い女になってしまいます。

「あなたは恋人じゃないから」と断ることは、自分を安売りしないための基本中の基本。拒絶したところで冷たくなるような男は、こっちから願い下げでいいのです。

「減るもんじゃないし」というのは嘘。簡単に体を許すことは、あなたの価値を目減りさせてしまうのです。

●恋愛にもポリシーを持とう
理想ばかりを追求しては恋のチャンスは半減してしまいます。しかし「これだけはイヤ」というポリシーを持たず流されていては「誘えばホイホイついてくる女」というマイナスイメージを持たれるだけ。

「本気の恋愛しかしたくない」のならば、ポリシーに反する軽薄な男は相手にしないくらいのプライドを持って。それだけで、いい加減な男は寄ってこなくなります。

●フェアな立場で向き合うことから
「好き」と「嫌われたくない」は同義ではありません。恋愛の軸を相手側に置いてしまうから、自分の感情を二の次にしてしまうのです。

恋はふたりでするもの。互いに個の人間として尊重しあってこそ、本気の恋愛が生まれます。譲歩や妥協と我慢や犠牲はまったく違うものです。後者から幸せな未来は望めません。

「本気で愛されていない」ことに悩むのは、精神的に自立していない証拠。彼といい関係を築くためには、あなた自身が流されず「本気」で接する姿勢を見せて。そうすれば彼のほうも、あなたをいい加減に扱えなくなるはず。

ほかの誰でもない、あなたの恋愛です。相手任せにせず、自分の意志で幸せへと導いていきましょう。

【島田佳奈の恋愛コラムガイド:島田 佳奈】

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…