イラッ!!独女が男友達から受けたシングルハラスメント

気心が知れている友人だからこそ、軽く言われた言葉がグサッと胸に刺さる時、ありますよね。

今回は男友達からの「それ、友達なのに酷くない?」なシングルハラスメント言葉を集めてみました。

◆「●●ちゃんも、●●さんところも子どもいるし、そろそろ考えたほうがいいんじゃない?」

「友達の誰かが出産すると、決まって嫌味ったらしく『お前もそろそろ真面目に考えたほうがいいんじゃない?』って言ってくる男友達がいます。真面目にってなんだよ、真面目に生きとるわい。人は人、自分は自分。よそはよそ、でしょ。なんで友達が出産したら独女の私も慌てなきゃいけないわけ?大きなお世話」(Kさん/公務員)

言われなくても出産へのタイムリミットを感じている独女はたくさんいるので、いちいち友達、しかも男性からとやかく言われるのはストレス。

◆「どうして結婚しないの?身の程、そろそろわきまえたら?」

おひとりさま

「大学の同窓会で男友達に言われた言葉。『どうして結婚しないの?』まではまだ許せる。よく言われるし仕方ない。でも『身の程、そろそろわきまえたら?』はハア?なんだよ身の程って、と感じる。別にわきまえてない恋愛はしてないし、なんで『結婚してない女性=身の程わきまえない、身の程知らず、理想が高すぎる』みたいな縮図になるの」 (Sさん/通訳)

同窓会では年を追うごとに独女はターゲットにされやすくなり、会話も思い出話から、子育てトークに変わったりするので行きずらくなります・・・。

◆「自分のこと大好きすぎると、いつまでも結婚できないよ?」

「『結婚できない女って自分好きすぎるからでしょー』って、いきなりわけわかんない方程式を語り出した男友達 。お酒の席で、酔っていたこともあり、なおさら調子にのって『自分のこと大好きすぎると、いつまでも結婚できないよ?わかってんの?』って説教じみたこと言われました。私はどちらかというと自分のことは好きじゃありません。鈍臭いほうで、器用なタイプでもないし、そんなこと言われてめちゃめちゃ凹みました」(Mさん/営業)

わけわかんない方程式を言ってくる男性、確かにいますよね。俺様系に多いこの種の語りはイラっとします。

◆「どーせモテないし、と開き直ってる女は論外」

「友達の中で彼氏がここのとこいないのは私だけ。で、お酒飲みながら『あたしゃどーせモテないし!』って自虐してたら 『そうやって開き直っている女は論外』とズバッ! 開き直ってるつもりはなくて、ただ会話の一つじゃん。そこからどうして私が論外か、半分ディスりも入ってんじゃないのくらい言われて泣きたくなりました。」(Hさん/ネイリスト)

モテないよーとか、特に深い意味もなく、友達同士の会話で出てきますよね。それを男友達に論外、って言われるとグサッ。

こうやって読んでると、シングルハラスメント男性陣も結構言ってきますね。まさかこっちがハラスメントと感じてるなんて思いも寄らず気楽な気持ちで、半笑いで言ってきたりすることもあるので小憎らしい。若干小馬鹿にでもしてるんでしょうか。

いつか、そんな毒吐いてたら自分に返ってきちゃいますよね。