「人間関係」を整理すれば、すぐにでも結婚できるようになるワケ

■したいだけじゃできない――今こそ「婚活リベンジ!」
今、「婚活に疲れた」と嘆く、女性達がいます。実際、私の相談所に相談に見える方の70%以上の方は、婚活を長年している方です。つまり正しい婚活をしてこなかった方々です。そんな方たちの80%を平均1年で成婚で導いてきたなかで気づいたことがあります。まず、自分自身のことを振り返り、変えていかなくてはいけません。

「婚活」がうまくいかない原因のひとつには、「結婚する覚悟ができていない」という、まさかの落とし穴にドップリはまっていることがあげられます。

「え、ウソ? 私は、結婚したいから婚活をしているのに!」って、思うでしょう?

しかし、それは「結婚したいだけ」であり、「結婚する覚悟」ではないんですよね。「結婚する覚悟」とは、つまり、今までの生活を一変することを指します。今までの生活を一変させることの中には、人間関係の整理が自ずと必要になってくるわけですね。

自分で自分の生活を整理することで、自分への甘さの共感者がいなくなり、あなたは生活スタイルを見直すキッカケを手にするでしょう。

さっそく、やめるべき3つのことをご説明します。

■1.「甘やかし」を楽しいと思い込むのはやめる!
居心地のいい友達、自分に甘い生活、自分への甘い評価……。社会に出てから今まで、好き勝手に生きてきませんでしたか?

行きたい場所へは行きたい時に行き、欲しいものは何も考えずバカスカ買って、お休みの日には昼間に起きてグータラ過ごす。「結婚したらもうできなくなるし、独身生活を思い切りエンジョイするぞ!」って、ねぇ? そんな生活してたら、結婚は縁遠くなるばかりなんです。

まずはその「楽しい」と思い込んでいる生活を捨てましょう! 結婚とは、誰かと一緒に生活をすることです。家で、男性と一緒に生活をすることなんです。そこには規制や義務などが生じ、今みたいな「好き勝手生活」なんてできるはずがありません! 本気で結婚したいなら、この「覚悟」が最も大事なポイントです。

例えば、思いつきで友達と旅行に行く。夜遅くまでお酒を飲んで、メイクもとらずに帰宅してバタンキュー。栄養バランスもさほど考えずに、食べたい時に食べたいものを自由に食べる。部屋は散らかしっぱなしで、汚れていてもOK、そんなのんきな一人生活でも誰も何も言わない……。

いいですか? そんな自由三昧な生活は、既婚者では考えられないことなんです。

この生活を送っている人のほとんどは、居心地のいい友達がいて、自分に甘い生活を送り、自分へ常に甘い評価を下す傾向がみられます。今、心のどこかで「こんなに楽しくて居心地のいい生活を捨てることになるのか……」って思いましたか? 覚悟が揺らいでいる証拠です!

そう思ったら、まずは居心地のいい友達をばっさり整理してみましょう。ここで言う居心地のいい友達とは、お互いの話を「わかる~!」と同意し、共感しあっているような人間関係を持っている人のこと。「同意し、共感しあっているだけ」だから、居心地良く感じるんです。きっとその友達は、あなたの生活スタイルに似ているから「わかる~!」と同意し共感できているんです。それじゃ、いつまで経っても、何も変わりません。

ここは心を鬼にしてばっさり整理しちゃいましょう!

■2.婚活を仕切りなおしたいなら女子会から抜けろ!
自分と似たような年齢や環境、価値観の人たちが集まる女子会はとても楽しいものです。右を見ても左を見ても独身で、自分が興味のある話に花を咲かせ、飲んだり食べたりして、堂々巡りの話をしている女子会。……いい加減抜け出しなさい!

女子会は、別名「結婚しなくていい同盟」です。「○○ちゃんもまだ結婚していないから、大丈夫!」「○○ちゃんは若いし、キレイだから、大丈夫だよ。いい人が現れるって!」などと言い合うことで、安心できる場所なんですね。

そもそも、何が大丈夫なんですか? 言っておきますが、大丈夫なはずはありません! あなたは落とし穴にハメられているんです!

さらに、女子会とは、別名のまた別名「抜け駆け禁止の会」です。目には見えない無数のバリケードが張り巡り、もしあなたに彼氏ができてルンルン気分で話をしたら、もう最後!

「その人、本当に大丈夫?」
「それ、本当に好きなの?」
「なんか心配~!」

などと会ってもいないのに、ケチをつけて邪魔をします。

そして、驚くことに、実に自然に「そっかな~、でも確かに彼って……」などと周囲の話の刷り込み現象に洗脳されていき、だんだん彼との仲もギクシャクしだして、上手くいかなくなる。そんな魔のスパイラルに落としこまれるのが関の山!

つまり、女子会は、百害しかないんです! 傷の舐め合いに気づいていないのはあなただけですよ! 今すぐやめなさい、その女子会! そして、女子会仲間は、とっとと整理してください。

■3.理想の「妄想」はやめ、リアルな結婚生活から答えを導く
既婚者と独身者の生活は全く違います。既婚者は、自分より家族を大切にします。そして、夫にも子供にも責任が生じます。既婚者は、「家族」という組織の中で、お互いが元気で安全でいるために、そしてお互いを支え合い愛し合って生活をするんです。

そんな生活をしている既婚者と接することで、既婚女性はどんな日常生活を送っているのか? 「家族」に対してどう思っているのか? さらに言うと、自分が思い描く理想の相手は、果たしてこれでいいのか?などということさえ見直せる絶好の場です。

いいですか? あなたのメンターは独身女性ではなく、既婚女性なのです。あなたが女子会でいままで独身女性たちと話していた結婚生活や未来の夫の「理想像」は単なる妄想です! 結婚を経験したことのない人による話は想像であり、なんのリアリティーもありません。話すだけ「無駄」ということに、今すぐ気づいてください(結婚に関しては!)。

独身女性は、あなたのメンターにはなれません。もし、結婚を一度もしたこのない独身女性が、さもわかったかのように、あなたのメンターづらをしてきたら、即刻整理してしてください。導き出すことができるのは、経験者だけですから。

もう一度言います。あなたのメンターは独身女性ではなく、既婚女性なのです。既婚女性のリアルな結婚生活談から、あなたの理想とする結婚生活を導き出してください。

■婚活のコツは「人間関係」と「ライフスタイル」
本気で結婚したいなら、いつまでも勝手気ままに生活をしていないで、規則正しい生活をして、いい加減、将来の生活、つまりあなたの人生設計をしっかり立てましょう。それができたら、理想の結婚生活を意識してこれから出会う男性が、その理想の生活を共に歩める男性なのかどうか探りながらデートを続けること。そして、なる早で、結婚へと畳み込みましょう!

【関連書籍】
・『婚活リベンジ! [マンガでわかる]今度こそ、半年以内に理想のパートナーを引き寄せる方法』(植草美幸・海埜ゆうこ著、KADOKAWA/メディアファクトリー刊)

【植草美幸の恋愛コラムガイド:植草 美幸】