クリスマスに向けて目力アップ!忘れられない瞳を演出する6つの工夫

待ちに待ったクリスマス。「今年こそは彼をゲットしたい!」「彼へのプレゼントはどうしよう」「デート服は?」と準備に余念がないあなた。クリスマスはせっかく1年に一度の大イベントなのですから、あなたのその輝く瞳で勝負してはいかがですか?

「え!?瞳?目?自信ないなあ〜。最近かすみがちだし……」と落ち込むことはありません。あなたの瞳はまだまだ輝けます。

目は口ほどにモノを言う、と言いますよね?美しく輝く瞳で彼を見つめたら、彼は瞬殺・ノックアウト間違いなし。そこで今回はクリスマスの街の煌めきにも負けないキラッキラの瞳になるための方法をお教えしましょう。

◆1.ものを見る時間を一秒増やす

じっと見つめると瞳孔が開くので、瞳に光が入りやすくなります。いつもあって変わらないと思うものって、もうほとんど見てません。全部を凝視するのは無理ですから、今から使うというものをいつもより一秒多く見つめてみましょう。

この習慣を心がけると、目力が着実にアップします。空いた時間にいつでもできる瞳の輝きを増すエクササイズです。

◆2.いつもより20度上を見る

いつも斜め下を向いている生活をしていませんか?もったいないです。ほんのちょっと上を見上げるだけで、天の明るさがあなたの瞳を輝かせることができるのに……。

ちょっと上を向くと、精神的にも上向きになるってご存知でしたか?デスクワークでどうしてもうつむいてしまう癖がついてしまっていたら、ぜひ試してみてください。ほんのちょっと上、で十分ですからね。

◆3.白いトップスを着る

Beautiful young couple relaxing in the park

黒のトップスより瞳への光の入り方がケタ違いです。暗い色のトップスは瞳の色も沈ませがち。真っ白に抵抗があるなら、明るいグレーやベージュ、淡いピンクなどでもいいでしょう。

◆4.こまめに水分をとる

特に冬期は乾燥していて、お肌も瞳も乾きがちです。コレを読んでいるあなたもドライアイでお困りかも?自分の好きなものでいいですから、傍らに常に飲み物を置いておきこまめに水分を補給しましょう。潤いのない瞳は輝きようがありません。

◆5.好きなもの、綺麗なものを見る

赤ちゃんを見ると女性の瞳孔は通常より開くという研究結果があります。「わぁ、かわいい」となるとき、瞳も輝いているのですね。日々なるべく好きなもの、綺麗なものを目にするように心がけてください。

ちなみに、大好きな彼を見ているときのあなたの瞳は最高に輝いているはずなのです。自信を持って、彼を見つめてください。照れるのはかわいらしいですが、照れっぱなしで一度も彼と目を合わせないなんてもったいない!宝の持ち腐れです。

◆6.目薬やカラーコンタクトに頼り過ぎない

最近は、白目を綺麗にする目薬や様々な色のカラーコンタクトが市販されていますが、そうしたものを安易に使うのはちょっと待って。あなたは誰かの瞳が「きれいだな」と思う時、白目の白さや黒目部分の色を観察していますか?

瞳の印象は、実際に眼球がどうなっているかではなく、生き生きした瞳の動きと潤いのある輝きに左右されるのです。目はとてもデリケートな部分。薬品などを使用する際は充分に気を付けましょう。

◆瞳は心の窓

昔からよく言われる言葉です。心が荒んでいたり、気に病むことがあったりすると瞳も曇りがち。ハートのお掃除も忘れずに。曇りのない純な気持ちとキラキラした瞳で彼にアタックしてくださいね。