失恋で職も失う!? あなたが“失恋のショック”で失ったものは何ですか?

失恋はとてもつらいため、落ち込んだり自暴自棄になったりすることも多いでしょう。普段の自分のままでいられない気持ちもよくわかります。しかし、失恋のショックに囚われすぎてしまうと、恋だけではなく他のものまで失ってしまうことも……。

今回は、失恋のショックで失ったものを失恋経験のある女性に聞いてみました。

Young woman having problems and crying.

失恋を理由に欠勤→居場所を失った

「彼氏と別れたことがあまりにもショックで、とても出勤できる状態ではなかった。そのため数日間会社を休んだのですが、欠勤の理由が失恋だと会社側にバレたため『情けない』『社会人としてどうなのか』と思われてしまい、とても居心地の悪い環境に。会社での居場所を失いました」(29歳/IT)

失恋のショックは大きいものですが、周囲の人にとっては「たかが失恋」なのかもしれません。欠勤すると周囲の人に迷惑をかけてしまうのはわかっているつもりですが、どうしても働けないときはあるでしょう。せめて理由をほかのものにしておくか、「仕事に打ち込んで失恋を忘れよう!」と前向きな気持ちにしていくといいですね。

SNSで愚痴三昧→友達を失った

「とにかく心の中のもやもやを吐き出したくて、SNSで散々愚痴を書き連ねました。そのSNSを数人の友達が見ていることはわかっていたのですが、我慢できずに書き込み続けたら、『あの子は面倒くさい』と思われブロックされました。『落ち着いたから遊びに行こう!』と誘っても、誰も相手をしてくれません……」(32歳/介護)

一時的にとはいえ、SNSで荒れてしまうと「あの子はああいう子」というイメージがいつまでもつきまとってしまいます。むしろ、失恋という非常事態だからこそ「あれがあの子の本性」と思われてしまったのかも……。SNSで愚痴るときは、下書きだけにしておくか、自分だけにしか見えないようにしたいですね。

暴飲暴食に走る→健康を失った

「ストレス発散しようと思い暴飲暴食をし続けたら、一気に太ったうえに体調を崩してしまいました。暴飲暴食が原因で健康診断の数値も大変なことになってしまい、生活習慣病の一歩手前に……。失恋はなんとか立ち直ったものの、食生活の乱れと病気のショックで心のバランスを崩しました」(27歳/建設)

ショックなことを忘れるために暴飲暴食をすることはよくある話です。しかし学生時代とは違い、ちょっとしたことでも身体に大きなダメージを与えてしまうもの。特に日頃から不摂生なのなら余計でしょう。身体にトドメをさすことになってしまうため、食事の管理は気をつけたいですね。

一夜限りを繰り返す→清楚さを失った

「今まで男遊びをしたことなんてなかったのに、魔が差していろいろな男性と一夜限りをしてしまいました。そのことが周囲の人に知られてしまい、『軽い女』『本命にはできない』と言われ……。共通の知り合いがいない人でないと、次の恋なんてできません」(30歳/アパレル)

失恋の寂しさを埋めるために、他の男性へはしる……。行為が終わったあとに大きな虚しさが襲ってくるのはわかっているのに、それでもやめられないという状態だったのでしょう。後々の恋にも大きな影響を与えてしまうため、噂になるようなことはしないようにしたいものです。

最後に

失恋したときは、そのことしか考えられないという状態に陥ります。あとで考えると「バカなことをしたな」と思うのですが、それではもう手遅れです。どれだけつらくても、なんとか踏みとどまれるように心がけたいですね。

Written by 神之れい