思わず恋したくなっちゃう……! 胸がキュンキュンする恋愛映画 4選

恋したいけど、あと一歩を踏み出せない……。お付き合いしている人はいるけど、愛されている実感がない。そんなあなたにぜひ試していただきたいのが、胸がキュンキュンしちゃう恋愛映画。
少女漫画や恋愛小説をベースにしたちょっぴり現実離れした世界観には、あなたをハッピーにしてくれるヒントが隠れているはずですよ。一人でこっそり、気になる男性とおうちでまったり。寒くてどこか心寂しい冬の恋愛に、ホッと温かい明りを灯してみませんか?

今回はおすすめの邦画作品をピックアップしてみました。早速チェックしてみましょう!

Three friends watching romantic movie on tv

1:君に届け/熊澤尚人監督

別名『君届』と呼ばれ、女子中高生の恋愛バイブルとして人気の少女漫画を原作とした映画。学校一暗い爽子(多部未華子さん)と学年一の人気者の風早(三浦春馬)が、道を教えたことをきっかけに少しずつ距離を縮めていく純愛映画。
感動のラストシーンは、恋愛に臆病になったとき、周囲の目が気になってあと一歩が踏み出せないとき、あなたに勇気をくれるはずです。

2:ハナミズキ/土井裕泰監督

一青窈の代表曲である「ハナミズキ」をモチーフに、新垣結衣さんと生田斗真さん主演で映画化された純愛ラブストーリー。
高校生時代の甘酸っぱい恋、大学生時代のちょっぴり大人の恋、大人になってからの切ない恋。何度もすれ違っては惹かれ合う、二人の恋愛が10年に渡って描かれています。思わず共感できるシーン満載! リアルな恋愛のようなハラハラ、ドキドキを味わいたいときにぴったりです。

3:人のセックスを笑うな/井口奈己監督

第41回文藝賞を受賞し話題となった山崎ナオコーラの小説作品を、松山ケンイチさんと永作博美さん主演で映画化したちょっぴり歯がゆい恋が描かれています。美術学校に通う初心な生徒と10歳年上の非常勤講師が求めあう禁忌な関係。思わずドキッとするようなラブシーンに、胸がときめくこと間違いなしですよ。“セックス”という言葉に囚われずに鑑賞してみてくださいね。

4:舟を編む/石田裕也監督

2012年本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの小説を原作とした作品。松田龍平さん、宮崎あおいさん、オダギリジョーさんが描く独特の世界観は、「恋っていいな」と実感させてくれること間違いなし! 胸がキュンキュンする恋愛もいいけど、ちょっとオトナの文学的雰囲気を味わってみたい。そんなとき、あなたの心の隙間を埋めてくれる特別な“言葉”と出会えるはずです。大好きな人に、恋文を書くのも悪くないかも……!?

おわりに

今回ご紹介した胸キュン映画は、邦画作品のほんの一部。まだまだご紹介したいおすすめ映画はたくさんあります。好きな俳優、お気に入りの監督から、探してみるのもいいですね。

ちなみにこの時期になると、レンタルビデオ店にも、おうちデートにぴったりの恋愛映画コーナーが設置されています。大切な人と一緒に選んで、じっくり鑑賞して、二人の愛を深めて……。とっておきの思い出作品にしてみてはいかがですか?

written by mook