第一印象が大事!彼女の親に挨拶するときに気をつけること

彼女と付き合っていると、避けて通れないのが親への挨拶です。日が浅ければ大丈夫ですが、同棲をはじめたり、結婚を考え出したりしたら、親への挨拶はすべきでしょう。

僕も経験がありますが、とにかく緊張しました。今回は、彼女の親に挨拶するときに気をつけることをまとめてみました。

Young man in fashionable suit holding hipster hand made bouquet behind to surprise girlfriend.

挨拶するシチュエーションは?

彼女の両親はどこに住んでいるのでしょうか。近所に住んでいて、すぐに挨拶に行ける距離なのでしょうか。それとも遠方に住んでいて、旅行がてら挨拶するような距離なのでしょうか。

近所なら、なるべく早く挨拶の約束をとりつけてしまいましょう。しかし、遠方だと難しくなります。挨拶がてらに観光旅行を計画するか、もしくは親がこちらに来るタイミングがあれば、合わせて挨拶するのがいいでしょう。チャンスがきたら、すぐに日程調整して、挨拶をすませてしまうのがよいと思います。

とにかく清潔感のある服装

ちょっとした挨拶ならスーツまで着ていく必要はないと思います。ただし、最初に挨拶するときは、清潔感のある服装にしましょう。もし迷ったら彼女にチェックしてもらってください。

彼女の親だって、当日は何を着ようか迷っているはず。お互いに気持ちよく挨拶するために、清潔感のある服装で失礼のないようにしましょう。

手土産は必要?

僕の経験ですが、挨拶のときに手土産を持っていくかどうかで悩みました。彼女に相談してみると、「うちの親は気を使う人じゃないから」と言われて、さらに悩みました。

でも、何も持っていかないのはどうでしょう。手土産をもらって悪い気になる人はいません。高価な手土産を準備する必要はありませんが、地元のお菓子などを持っていけばいいと思います。ちなみに僕の場合、家で一緒に食事をすることになったので、デザートとしてケーキを買っていきました。

みんなで一緒に食べることができたので、とても喜ばれましたし、手土産も自然に渡すことができました。相手に気をつかわせないような渡し方も大事だと思います。

言葉遣いに気をつける

実際に親に会ってみると、とてもフレンドリーに接してくれることもあります。「気をつかわないでいいよ」と言われるかもしれませんが、真に受けるのはやめましょう。まずは敬語を使い、「~っすね」「じゃね?」などという言葉遣いは絶対にNGです。
親の呼び方も気になりますよね。〇〇さんのお母さん、お父さんと呼ぶのが無難です。

また彼女への接し方も注意です。もし彼女のことをアダ名で呼んでいたとしても、当日は名前にさん付けで呼びましょう。最初の挨拶の場なので、そのぐらい畏まることが大切です。

お父さんに気に入られる場合もある

彼女に男兄弟はいるのでしょうか? もし女姉妹しかいない家系ならば、彼氏の紹介は喜ばれる可能性があります。女性だらけの家庭だと、唯一の男性であるお父さんは気を使うことがあったはずです。そこに彼氏という家族候補が登場すると、お父さんは喜ぶのです。

知り合いの例でいえば、「一緒にお酒を飲む相手ができて嬉しい」とお父さんは喜ばれたそうです。逆に男性だらけの家庭だと、久しぶりの男性が登場によって、お母さんが珍しがります。最初の挨拶が成功すれば可愛がってもらえる可能性もあるのです。

まとめ

当たり前ですが、親のことを一番よく知っているのは彼女です。挨拶の前に、どんな性格なのか、好みは何か、しっかり聞いておきましょう。何事も第一印象が大切です。最初の挨拶を成功させて、彼女の両親によい印象を持ってもらいましょう。挨拶の後、親の感想を聞いてみてください。「感じのいい青年だった」と言われたら嬉しいですよね。

最初の挨拶はどうしても緊張してしまいます。事前に打てる手はすべて打ち、万全の状態で挨拶をしましょう。彼女の親に認められれば、二人の仲も更に深まると思いますよ。

Written by 前田ヒロキ