彼にいつまでも愛される「愛され女子」のマル秘テクニック

付き合いが長くなってくると、マンネリ問題だったり浮気問題だったりと、だんだん不安なことも増えていきますよね。ですが、付き合いが長いのに彼にはいつまでも愛されている「愛され女子」って、「何でそんなに大切にされてるの?」と思ってしまいますよね。
そんな「愛され女子」にはマル秘テクニックがあったのをご存知ですか?


引用元

◼︎ そもそもなぜ問題が起きるのか?

なぜ付き合いが長くなってくると問題が生じてしまうのか…。それは、お互いに”慣れ”が出てきてしまい、付き合いたての”新鮮さ”がなくなってしまうから。
付き合っていくうちにお互いを理解した上での”慣れ”は良いことですが、「きっとまたこうなるな」や「どうせ怒るから…また喧嘩になる」など、相手に対しマイナスイメージで”慣れ”てしまうと、自然と2人の距離が広がり問題が生じてしまいます。
それを防ぐ「愛され女子」のマル秘テクニックをピックアップします。

【テク1】対等にいるようにする

付き合いが長くなってしまうと、いつの間にか女性の方が優位に立っているような気分になり、彼に指図したり、ワガママばかり言ってしまってはいませんか?
それでは、次第に彼も「こんなはずじゃなかった」「付き合いたては優しかったのに…」などと感じ出し、彼側もあなたを大切にしていかなくなってしまいます。
ですが「愛され女子」は、付き合いが長くなっても彼に対し対等でいるようにしていて、自分の話ばかりするのではなく、相手の話をしっかり聞いたり、相手との会話を対等にし、コミュニケーションを大切にしている。というテクニックがあるよう。


引用元

【テク2】自分に変化を与えている

付き合いが長くなってくると生じてくる「飽き」。自分のファッションやメイクもパターン化してしまい、彼は刺激がなくなってしまっています。ずっと同じ自分よりも、髪型を変えたり雰囲気を変えるだけでももちろん良いのですが、彼からすると思いっきりイメチェンしない限り気づいてはもらえないもの。気づかれなかったとしても怒らず、「自分のモチベーションのため」と言い聞かせましょう。
そして「愛され女子」は、外見だけでなく性格も自分に変化を与えていて、常に同じ自分を見せるのではなく、昨日はなんだか素っ気なかったけど、今日はすごく優しい!などギャップを見せているよう。
そうすることで、ずっと優しいあなたに慣れてしまうよりも波のあるあなたに踊らされている方が、彼的には良く自然と「大切にしよう」と思うように。


引用元

【テク3】甘えたり、頼ったりのバランス

彼からすると彼女に甘えられたり、頼られたりすると「俺がいなくちゃダメだ」「守ってあげなくちゃ」と感じるよう。逆に「1人でなんでもできるから!」や辛い時に頼ったりしない女子は、彼からも「あいつは何でもできるから」と、頼られていない自分を心細く思い、彼女のことを「俺がいなくても大丈夫」と、いつしか大切にしなくなってしまいます。
「愛され女子」は、相談ごとを彼にしたり辛い時は頼ったり甘えたり時には「私には〇〇がいないとダメ」「頼りにしてるね♡」など、適度に頼っているということをアピールすることで、自然と彼は「俺が守ってあげなくちゃ」という感情が芽生え彼女を大切にしたいと思うよう。


引用元

【テク4】しつこくしない

とにかく彼にとって憂鬱で距離を取りたくなるのが「疑われること」。疑われていると一緒にいても楽しくないし、居心地が悪くなりますよね。また、一度疑ってしまうとキリがなく、しつこく問い詰めてしまうといったことも…。それでは、何のために付き合っているのか分からなくなり、彼も疲れてきてしまいます。
しかし、「愛され女子」は自分にも自信があるので、しっかり彼を見極めて、疑うことよりも信頼をしています。あなたが彼を信頼していれば、自然と2人の間に絆が生まれて付き合いも深く「大切な存在」と思うように。


引用元

あなたの周りにも「愛され女子」は居ますか?
いつもキラキラしている「愛され女子」には、彼を上手に操るマル秘テクニックがありました。
ぜひ参考に。