ゴールだなんて勘違い! 女はキスでジャッジメント!?(マドカ・ジャスミン)

ドラマなどで、キスはカップル成就、すなわち物語の終わりの象徴とされることがとても多いです。しかし現実では、終わりではなく、むしろ始まり。キスをきっかけにして、すぐに身体の関係を持つ場合ももちろんあるかも知れません。ですが、あなたがただのトリガーにすぎないと思っているそのキスを女性が一瞬で、それも非常にシビアに判断していることをご存知ですか? 今回は、女性がその一瞬で何をどう思い、「この人なら……」という判断を下すのか、そのヒントになる3つの軸を紹介していきます。

あなたがあの人を逃した理由がキスだった。その可能性、考えたことありました?

1202-3001

身体の相性は唇と舌から

キスといえば、唇と唇。そして、深いものになれば、舌と舌との接触です。唇と舌、そんなキスの基本的要素じゃないか、何を今更……そう思ったはずです。しかし、基本だからこそ、ふたりの関係発展の導入部だからこそ、1番大事なのです。キスの仕方の相性もありますが、それ以上に唇と舌の厚さ、薄さ、柔らかさ、硬さ、もっと言えば、口の大きさというような造形的相性が何よりも大事だと、わたしはキスをするたびに感じます。身体の相性も、まずこのキスの相性が合わなければ、意味はまるでありません。キスしたときに違和感を覚える相手とは、それ以上の相性もイマイチ、その可能性の高さを無視しないでください。

何より大事なリズム感

造形的相性の次はテクニック、ではなく、そうリズム。キスにかける時間の長短、触れる程度のものから、深いものへと移行するタイミング、緩急のつけ方、これをトータルしたものこそがキスにおいてのリズムなんです。教科書的な小手先のテクニックではなく、大事なのは、相手を丁寧に観察すること。リズムにズレが生じることを懸念するというよりも、相手がどんなリズムなのか、それが分からない限り、自分のリズムを相手のリズムに合わせることはできません。相手がどんなキスを欲しているか、注意深く、けれど、丁寧に探ることによって、ふたつのリズムが重なり合い、そのキスは素晴らしいものになるでしょう。

実は重要ポイント、それは○○

上記ふたつも大事ですが、それ以上により厳密な判断基準があります。それは、何といっても、唾液。これに尽きます。科学的根拠の話でいえば、キスによって、唾液を交換し合うことによって、互いの遺伝子情報を知り合う。つまり、遺伝子レベルでの相性を計るということです。もちろん、そのように無意識な重要性もありますが、意識内での重要性をあげると、量、粘度、そして、何より、その唾液が口腔内に入ってくることが気持ちいいと感じることです。はっきり言いますが、唾液の相性は自分の意志ではどうにもなりません。だからこそ、上記ふたつが合格ラインを越えていたとしても、これが合わなかった場合はどうしようもありません。逆に言えば、これが合うようなら、その相手とのキスの相性は最高と言っても、過言ではありません。

おわりに

この3つの軸を男性も意識することにより、気になるお相手との距離をキスで縮まってもらえたらとても嬉しいです。ぜひ素敵なお相手と、素敵なキスを楽しんでくださいね。

1202-3002

Written by マドカ・ジャスミン