自己満はダメ!「男ウケがいいネイル」の条件

デートするからには、ネイルにも力を入れたい!しかし、あまりにも気合いが入ると空回りする可能性も。適度にオシャレで可愛いネイルを楽しみましょう!今回は「男ウケがいいネイル」の条件をご紹介してまいります。

デートネイルは完璧ですか?

 (522416)
 
いよいよ週末は彼とのデート。
付き合う前のドキドキ期間は、テンションもハイになってしまうもの…。
しかし、どんなに楽しみな予定が待っていたとしても独りよがりのネイルをしてはいけません。

彼とのデートが控えているなら、男ウケしやすいデザインを選びましょう♡
そこで今回は「男ウケがいいネイル」の条件をご紹介いたします。

 

派手なネイルは避ける

 (522419)
 
彼ウケしやすいネイルを目指すなら、あくまでもお上品なデザインを選ぶこと。

たとえば一昔流行ったデザインのように、ギラギラのつけ爪をしていくと、人によってはあなたの指先ばかり気になって、まともに会話をしてくれない場合もあるかもしれません。

派手なネイルデザイン、長めのネイルは、一般的にはデート向きではないと言えるでしょう。
もちろん一人で楽しむ分にはオシャレの範囲ですが、男性目線はまた別。
そもそもネイルアートに関心が無い男性が多い上に、何もしていない素爪を好む方もたくさんいます。
そういう男性にとっては、ガッツリ系のネイルはおしゃれには見えないかも。
引いてしまう可能性もゼロとは言えません。

デートに合わせてネイルを変えるなら、シンプルで清潔感のあるデザインを選びましょう。
ネイルデザインの中でも王道なフレンチネイルは、デートネイルの代表格でもありますよね。

 

シンプルが一番好き!?

 (522422)
 
何をもって男ウケがいいのか、悪いのか、そのボーダーラインを読み解くのは難しい作業。

男女によってネイルへの価値観も異なりますから、自分としてはデート向きと思っていても、相手次第では派手なネイルをしていると思われる可能性もあります。

どうしても相手の好みが分からず失敗したくない場合は、デザインするというよりも、すっぴん爪をお手入れするくらいがちょうどいいかも♡

たとえばセルフネイルなら、トップコートとベースコートを塗るだけでもツヤがでてお上品にみえます。ネイルサロンにお願いするなら甘皮の処理やハンドケアもお願いすれば、派手なネイルと思われずに済むでしょう。

 

ワンポイントで柄ものを

 (522425)
 
彼のためとはいえ、せっかくネイルサロンに行ってお願いするなら、デートの後も楽しめるデザインがいいと思う人もいるでしょう。

どこまで華やかにすればいいか分からないときは「ワンポイント」を意識するといいかも。

たとえば、5本の指のうち4本はベージュでおさえめにしたうえで、薬指や小指、中指だけ他の色に変えて花柄を描いてもらえば、お上品なデートネイルに大変身。

決して「派手なネイル」ではなく、男性からみたときも「この子はオシャレだなぁ」と思ってもらえる範囲に仕上がっているはず!

男ウケしやすいネイルデザインを選ぶためには、自分の好き嫌いを重視するというよりも、客観的な視点も必要になります。デート当日に「ネイル可愛いね」と彼に褒めてもらえるように、指先のメンテナンスは徹底しておきましょう!