職場の男性同僚から密かに恋愛対象外と見られてしまう女性の特徴

社会人になれば、恋のきっかけを職場に見つけることが多くなります。事務職で内勤をする女性は特に、毎日顔を合わせる男性同僚を好きになるケースが少なくないかもしれません。

筆者がかつて勤めた会社の先輩は、「オフィス内で彼氏を見つけるのが当たり前」と考えていて、たまたま一緒にランチをした時に、「アナタは誰がタイプなの?」と聞かれたことがありました。残業が多い職場だったので、自然とそういう思考になっていったのでしょう。

ただ、職場恋愛は日常を共に過ごすせいか、男性から恋愛対象外と見られてしまう女性もいます。ちょっとした癖、発言、態度などが「ナシ!」と思われてしまうのです。

istock-514852111_r

職場に元カレがいる。不倫の過去がある

前述の先輩は、職場で彼氏を作ることを当然と考えていたので、オフィス内には元カレもいました。実年齢より若く見える女性でしたから、男性ウケは良かったようですが、元カレの存在を知ると、みんなサーッと引いていました、やっぱり……。
このパターン、元カレが部長、役員、社長という肩書がつくともう、誰も手を出せないですよね。どんなに魅力的な女性でも、男性は「自分の身が危なくなる」と敬遠したくなるはずです。

また、元カレの職位が何であっても、オフィス内で不倫の過去がある女性は、男性から嫌われてしまうでしょう。不倫をする女性に対して、男性はそもそも良い印象を持ちません。「人のものを取る女性」として、最初から恋愛対象には見なくなるのです。

匂いの強いお弁当を持ってくる

恋愛において匂いはかなり重要で、「クサい人」は、まず好かれません。今どき汗臭い人はそうそういないでしょうが、匂いのキツイ食べ物を好む女性は少なくないはず。視覚から得る情報より、嗅覚から得る情報のほうが意外とインパクトが強いのです。

筆者の男友達にこんな人がいました。料理上手の同僚女性のお弁当が、匂いのキツイおかずが多くて困ったそうです。その人は、数種類のスパイスを使ってドライカレーを作ったり、自分でキムチを漬けたりして、それ自体の匂いは美味しそうだとしても、男友達いわく、「仕事の邪魔になる。会社でそういうアピール要らない」とのこと。
職場は働くところですから、仕事の邪魔になる匂いを発する女性は、どうしても敬遠されてしまうようです。

何かと群れたがる

何かあると、「じゃ、その件については、みんなで一緒に考えてみます」とか、「○○さんにちょっと相談してみて決めます」などと言う人がいます。いわゆる「ほう・れん・そう」の範疇(ハンチュウ)であれば、社会人として当然なのですが、何でもかんでも周りを巻き込みたがる場合は、男性に距離を置かれているかもしれません。

特に、女性同士で群れたがり、些細な内容も同僚女性に相談するタイプは、職場恋愛の対象からは外れてしまうでしょう。一対一で話をする機会が作りづらく、恋に発展しても、関係が社内の人間にダダ漏れになる可能性が高いので、男性は危険視するのです。
職場恋愛をするとなれば、口の堅さも重要なポイントになります。女子高のノリであけっぴろげに恋バナをする女性は、男性からすると「子どもっぽい」「信用できない」と思われるでしょう。

Written by 岡崎咲