石原さとみに学ぶ!「イイ女」をつねに更新し続けていくコツ

可愛らしさと女性らしい色気を併せ持つ女優といえば、石原さとみさんです。テレビをつければドラマやCMに出演されていますし、街を歩けばポスターや雑誌の表紙などに載っていて、見かけないことがありません。男性にはもちろん、女性から見ても素敵だなと思わせる魅力に溢れています。

デビューは10代で、当時は可憐な高校生役や少女役が印象的でしたが、そんな石原さんも今年で30歳! 年齢を聞くと、ちょっと驚いてしまいます。可愛らしさを残しつつも、大人の女性としての美しさを兼ね備えていく……そんな石原さんをお手本にすれば、「イイ女」として魅力を高めていけるんじゃないでしょうか?

Portrait of beautiful sensual woman with elegant hairstyle.  Perfect makeup. Fashion photo

目標と努力

そもそも、デビューが16歳で、そこから14年も第一線で女優業を続けているということは、石原さんには元々しっかりとした目標があったんだろうと思いますし、つねに上を目指しているんだろうとも思います。ご本人いわく、「具体的にどうなりたいかを自分の中で明確にして、それに近づくにはどうすればいいか、研究するのが1番近道」だそうで。

つまり、イイ女になるにはまず、目標を持つことが大事で、それを実現する努力が欠かせないということです。ぼんやりと「モテたい……」と思うのではなく、どういう方向性の美しさをまといたいのかをハッキリさせて、理想に近づくための行動を起こすのが大事なのです。

変わることは簡単

年齢を重ねるにつれて、人間は変化を恐れるようになります。メイクの仕方や髪形もそうですが、行動パターンやライフスタイル、仕事という面でもそうでしょう。本心から良いと思えていなくても、「ずっと続けていること」を変えて大失敗するよりはマシ……と、保身に走ってしまうのです。

でも、女性は20代後半~30代前半にかけて、大きく変わります。自身の見た目も変われば、周囲からの見られ方も変わるはず。変化を恐れては、本当の魅力を見失ってしまうのかもしれません。

その点、石原さとみさんは、「人は変わりたければ、明日からでも全然変われるって思います。持つべきは、変われる勇気とパワー!」と述べます。今年で30歳を迎える石原さんは、変化を少しも恐れていないのです。むしろ、どんどん変われるものだし、変わっていくべきだと考えているところが、彼女ならではの美しさをつねに更新し続けていくポイントなのでしょう。

研究も大事!

最近は個性が多様化していて、ステレオタイプのモテ女が、つねに男性からウケているというわけでもなさそうです。それに、女性の可愛らしさを演出するファッションやメイクは、流行の移り変わりが本当に早く、数ヵ月も経てば廃れてしまうものもあるでしょう。
一方で、時代に関係なく貫くべき「美」もあり、その見極めは重要だといえます。石原さとみさんは、「今の情報が1番だと思うので、雑誌はよく読みます。アンテナが上がっている、センスの良いヘアメイクさんやスタイリストさんとLINE交換して、気になるものをアップし合ったりしてます」とのこと。

生まれ持ったお顔立ちがどれほど可愛くても、それをどう演出するかは、つねに研究しているようです。メイクや髪形は、女性をより美しくさせる大事なもの。恵まれた容姿を持つ石原さんでも、情報を集めて研究しているのですから、私たちも頑張ったほうが良さそうです!

参考:雑誌『ar』11月号

Written by 岡崎咲

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…