「草食」と見せかけて、ただ責任を取りたくないだけの男たち

告白できないのではなく“恋愛対象としてみていない男たち”
「世の中、消極的な男性が増えた」とお嘆きの方が多いのではないでしょうか? 好意はありそうなのに、全然手を出してこないので困ってしまう……そんな声をよく聞きます。

世の中の「手を出してこない男性」のなかには、女性に関心と興味があってもなかなか積極的な行動をとれない草食系男子も確かにいます。ただ、そのうち何割かは、単に体(てい)のいいお断りをしているだけということもあるのです。

興味のない相手に対して、傷つけずに関係をそのまま維持する、距離を詰められそうになったら体よくかわす。そういう「女友達上手な男性」たち。たとえば、彼女がいない男性が「今は誰とも付き合うつもりはない。君とは最高の女友達でいたい」と言っておいて、ひと月後に会ったときには、可愛い彼女を作っていたなんてこと、珍しくないですよね?

軽はずみに遊んでしまい、問題になるのを避ける男たち
また「ふたりで泊まっても手を出してこない」というのも、相手がシャイなのではなく、きちんと計算して手を出してこない可能もあります。そういう関係になることで、事実上の恋人になってしまうのであれば、軽はずみなことはできませんし、誰彼構わず女性関係を持つと、友達の中での評判を落とすことにも繋がるからです。

そのため、「いい雰囲気になったけど、責任とれないからやめておいた」と、心の中で冷静な判断を下す男性は思いのほか多いのです。このように「真の草食系男子=エッチなんて別にしなくてもOK」と「大人な男性=体のいいお断りをしているだけ」は、きちんと見分けたいものです。

もちろん、「四の五の言わずにこっちからモノにしてしまう」という戦略もないではないですが、その場合はあくまで遊びと割り切ることが必要。こちらから仕掛けておいて、あとになって「どういうつもりだったの?」と相手を責めるのはお門違いというものです。

さて、体のいいお断りをしてくる大人の男性は、あなたにとって一生の男友達になる可能性があることを忘れてはいけません。好意はあるけれど、一線は踏み越えてこない冷静な男性。あなたに彼氏ができたり、結婚したあとも、とても有益なアドバイスをくれる存在になるはずです。長期的に大事な資産として大事に関係を保つことをオススメします。

間違っても、「意気地のない男!」と怒って関係を切ってしまったり、「そいつが、煮え切らない男でさぁ」などと、女性達の間で悪口を言い合ったりすることのないようにしましょう。

【潮凪洋介の恋愛コラムガイド:潮凪 洋介】


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…