もしも友達の彼氏に好かれてしまったら?厄介な関係の終わらせ方

 友達に彼氏を紹介してもらうときって嬉しいものですよね。
友達の選んだ人はどんな人なのか楽しみでもあります。
しかし、もしも友達の彼氏があなたのことを好きになってしまったら?
好かれてしまったらどうすればいいのでしょうか。
そんな厄介な関係のベストな終わらせ方とは?


引用元

まずは自分に彼氏がいることを伝える必要があります。
仮に彼氏がいなかったとしても友達からあらぬ疑いをかけられぬ前に「いる」と言ってしまいましょう。
恋は盲目といわれている通り恋愛しか目に入っていない女性からしたら「あの子が彼氏をとろうとしている」「彼氏に色目を使ってきた」などと思われかねません。
恋が原因で友情が壊れた経験をした女性も少なくないのです。
友達の彼氏に対し「好きになることはない」と伝えることも大切。
やんわり伝えずきっぱりと意思を伝えること。
恋より友情を優先すると理解してもらうために曖昧な態度はNG。
結局曖昧な優しさは友達も友達の彼氏も傷付けることになります。


引用元

連絡先を聞かれたりしても友達に連絡先を聞かれた旨を伝え確認をとりましょう。
こっそり自分の彼氏と友達が自分に隠れて連絡を取り合っていたと知れば良い気はしませんよね。
個人的な連絡は控えること。
彼女へのプレゼントへのアドバイスなどはOKですがあなたの好きな物やあなた自身のことを探るような内容には注意をして下さい。
こちらにそんな気がなくとも友達の彼氏が勘違いしてしまったら元も子もありませんよね。
実際よくある話なので自分には関係がないと決めつけてはいけません。
男女の間は何が起こるか分からないものです。


引用元

勘違いかもしれないと思ったとしても早めの対処が必要なのです。
友情関係が壊れて厄介なことになる前に未然に防ぐことがベスト。
彼氏を紹介してくれるということは信頼して会わせてくれる訳ですからできればうまく友達とも友達の彼氏とも付き合っていきたいもの。
ぜひ今一度自分の立ち居振る舞いを考え直し気を付けてみて下さいね。