依存してない?結婚さえ遠のく「気が付いたらやめられなくなっていること」

独女は自分のために使える時間がたくさんあります。好きなものにとことん打ち込むのはいいことですが、やりすぎて依存状態になってしまっては、結婚からどんどん遠のいてしまうだけでなく、自分の生活に毒となってしまうことも。

自分は依存体質だ!と分かっている人もいない人も、知らず知らずのうちにやめられなくなっている事があるかも……?

◆仕事

あなたは何のために仕事をしていますか?お金のため、夢のため、人によって様々な理由があると思います。

しかし、そんな「仕事」に依存してしまっている人も。仕事を一生懸命することで寂しさを紛らしたり、キャリアを持つことで同世代の結婚をしている友人と差別化をはかったり……。仕事は恋愛よりも、努力が目に見えて結果に出ます。なので、仕事の方が充実感を得られると考え、「私は、結婚はいいかな」なんて思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

iStock-483066906

結婚をする、しないはもちろん人の自由ですが、もし運命があるのなら、それを無駄にしているということに。仕事に依存をしすぎて「結婚はいいや」と言う前に、一度視野を広げてみることも大切。

これは男性にも女性にも言えることですが、仕事しかない!という人は、いざ何かのきっかけで職を失った時に立ち直れなくなってしまう人もいるそうです。

また、結婚できないことを「仕事が忙しいから」と思っている人は要注意。仕事が忙しいから結婚が出来ないのではなく、結婚が出来ないことを仕事の忙しさで紛らしているだけかもしれませんよ。

◆婚活

「婚活はしているのに、なんで結婚できないの?」そう愚痴っている人はいませんか?そんな人は、婚活をしている自分に満足し、婚活に依存しているだけの可能性があります。

より多くの人と出会って、より理想に近い人を探す。婚活に依存している人はその限度が分からなくなってしまい、いつまでたっても婚活が終わりません。

そして、婚活をしていないとひどく焦り、さぼった自分を責めることも。

婚活というのは、すればするだけいい人が見つかるというわけではありません。それどころか、婚活をすればするほど「より素敵な人を見つけなければ」という思いが強くなりすぎてしまい、理想が膨れ上がってしまいます。

出会う男性の数が多いほど、そういった現象が起きやすく、結局結婚相手が見つからないと言う負のループに。結果的に婚活をしていないと安心できないという婚活依存に陥ってしまうのです。

◆SNS

1iStock-520659028

SNSに依存しすぎているのは、なにも若者だけではありません。アラサーになると周りの友達が家庭を持つことが多くなり、繋がりは薄くなってくるもの。SNS上でしか繋がれないということは、若者よりも逆にアラサー世代の方が当てはまるのかもしれません。

誰かが楽しそうにしている写真や幸せそうな写真をあげているのを見ると、自分も何かアップしなきゃという気持ちにもなりますし、暇なときになんとなくSNSを見てしまうこともあるかとは思いますが、結果的にそれが依存に繋がっているのです。

なんでもSNSの中だけで解決をしてしまっていては、「SNSに楽しそう・幸せそうな写真を載せたいから」という理由だけで、行動をするようになってしまいます。

大げさかもしれませんが、SNSにアップしたいから結婚したい!という人も、少なくないような気がします。

それでは本当に心から「幸せ」と思えることから遠のいてしまう可能性も。少しでも心当たりがあれば、しばらくSNS断ちしてみると、自分の本当にやりたいことが見えてくるかもしれませんよ。

自分の生活を見直してみると、気づかぬうちに何かに依存していることは結構あります。そのせいで間違った人生を選択してしまうのはとても危険。

いずれ後悔するまえに、一度自分の生活とじっくりと向き合ってみるのはいかが?