絶対に断られない女性からの自然なデートの誘い方

女性からデートに誘うのって、なかなか勇気がいるアクションですよね。「デートに誘いたいけど、いかにも誘ってますという風に相手に捉えられるのはちょっと……」とお悩みの女性も多いのでは?ですが、自然なデートの誘い方さえマスターしてしまえば、誘われた男性も悪い気はしないはず。

そこで今回は、自然なデートの誘い方と場所選びのポイントを徹底解説していきます。

◆「控えめ+強調」で誘おう

「デートしよ!」「どっか連れてってよ!」とストレートに言ってしまうと、相手にとっては少し図々しい印象を与える可能性が高いです。しかも、彼女というよりは友達感覚として相手に認識されてしまうかもしれません。

だからといって、「私とデートしてもらえませんか?」「もし良ければ〇〇へ一緒に行きませんか?」といかにも相手をデートに誘ってます的な言い方だと、響きが重く、相手も返事に困ってしまいます。告白として聞こえてしまいそうなニュアンスですよね。

相手に気持ちよく返答してもらうためには、できるだけ控えめに、かつ「相手はあなたがいいんだ」ということを強調して誘ってみましょう。例えば、「〇〇へ行きたいんだけど、一緒に行ってくれると嬉しいな」と気持ちを最後に伝えると好印象。喜んでもらえるなら、と自然に気持ちを受け止めてくれるのではないでしょうか。

他にも、「今度〇〇があるけど、~くん一緒に行ってくれたりする?」と名前を挟むことによって、相手はあなたであるということを少し強調させます。「え、俺?」と不意打ちされたような気持ちで、デートに誘われたという重い感覚には捉えられないでしょう。

デートに誘う言葉は控えめにし、「相手はあなたですよ」ということを強調させることによって、相手の気持ちを惑わせるのです。「~くんと行きたいの」と強く言いすぎると却って相手に引かれてしまうので、あくまで控えめに誘うことを心がけましょう。

◆自分が行きたいということを伝えよう

17

「デートしよ」と言うと、どうしても相手とあなたの二人だけということが強調されてしまい、相手も戸惑ってしまいます。自然とデートへ誘う方向に向かわせるためには、前置きを入れてみましょう。

「〇〇に行きたかったんだぁ!一緒に行ってみない?」「行きたいイベントがあるんだけど、予定が空いてるなら一緒に行こ?」と、まずあなたが行きたいことを主張することによって、相手は興味を示すでしょう。でも、その後に「一緒に行って!」と言ってしまうと、押し付けがましくなってしまいます。

自分の主張した後は、必ず相手に伺う形で誘うのがポイント!。「ちょっと行ってみようかな」「ちょうど空いてるよ」と誘いに乗ってくれば、いいデートの返事が期待できるでしょう。

◆お礼ついでに誘おう

相手に何かしてもらった後や「ありがとう」とお礼を言う時、ズバリそこを利用して自然な流れでデートに誘っちゃいましょう。

「~してもらえて助かったよ。今度、行きたいって言ってた〇〇でおごるよ!」「この前はありがとう。そう言えば〇〇行きたいって言ってたよね?行ってみる?」とお礼の後に誘うことによって、相手が自然な感じで受け取ることができます。

お礼の後の言葉なので、必ず相手の行きたいところに誘うようにしてください。そうすることによって、相手も喜んでOKしてくれるはずですよ!

◆場所選びのポイント

自然にデートへ誘うことはしたけど、場所はどこがいいの?と悩んだ時に、場所選びのポイントだけ押さえておけば安心。二人きりのデートも、バッチリ楽しめるはずです。

お金がかかる場所は避けよう(相手が払ってくれるかも、ということも考えておきましょう)歩きながら話す時間がもてるところを選ぼう(男性は意外と座って話すことを苦手とする人が多い)カラオケは避けよう(話す空間が作れず、お互いを知ることができません)ショッピングやドライブデートは避けよう(デートに誘ったあなたがメインになってしまいます)食事は高級な所や慣れていない所へは行かないようにしよう(誘ったあなたが戸惑うことになります)

これらのポイントを押さえて、デートプランを立ててみてください。

まずは、気軽に食事に誘うところから始めてみるといいかもしれませんね。行きつけの居酒屋や相手のおすすめの場所でもOKです。気軽に話せる空間でお互いのことをより深く知ることによって、次のデート場所を二人で決める流れに持っていくこともできます。今後に繋げるためにも、楽しく過ごせるデートプランをじっくり考えましょう。

「女性からデートに誘おう!」と「デート」という言葉を意識することによって、かえって気まずい誘い方になってしまいます。相手も返事がしやすくなるように、こちらもあまりデートと意識せずに控えめに誘ってみましょう。

デートに誘った後は、場所選びのポイントを押さえてデートプランを考えればバッチリです。誘ったあなたも誘われた相手も、充分満足のいくデートを楽しんでくださいね。