男性の本当の心理は体のしぐさで分かる……!?

女性は相手の顔色を読むのが上手といわれています。男性の表情を見れば気持ちがわかる! なんて女性もいるのではないでしょうか。ですが、表情は自分でコントロールすることも可能。顔は笑っていても心の中では不快に感じていたなんて場合もしばしば……。
これでは、本当の男性の気持ちが分からないですよね。ならば、表情ではなく体のしぐさで男性の心理を読み取っていきましょう! 表情と違ってしぐさは嘘をつきません。あなたも男性の心理をのぞいてみませんか?

istock-547446966_r

【腕】腕を組む→これ以上話したくない! ガードの姿勢

腕を組むしぐさはまさに、ガードの姿勢。「私はこれ以上何もしゃべりたくない!」という心理の表れといわれています。たとえば、バツが悪いときやこれ以上その話題を話したくないときのサインです。

もし、相手の男性が会話の途中で腕を組み始めたら「もう興味がないですよ」といっているのと同じ。さりげなく、他の話題に変更した方がいいでしょう。または、触れて欲しくないプライベートな領域である可能性もあります。

どちらにせよ、あまりいいしぐさではありません。腕を組み始めたら「もうシャットアウトしたい!」というのが男性の心理。すぐ、次の話題に切り替えていきましょう!

【足】足を組む→足の先の向きはあなたへの好意を表す

足を組むしぐさは機嫌が悪く退屈にみえてしまいがちですが、実はいい心理も表しています。注目すべきは、組んだ足の先の方向です。相手の男性の組んだ足の先の方向があなたの方を向いていたら、好意があるというサイン。つまり、あなたのことを悪く思っていないということ。

逆に、あなたじゃない方に向いていたり、出口の方を向いていればあなたに好意が少ないとも考えられます。実は、組んだ足の先は興味のある方向を表しているのです。あなたの方に向いていれば向いているほど、あなたに好意があるという心理を表していると考えていいでしょう。

ただ、何度もしきりに足を組み替えている人はイライラしていたり、ストレスを感じています。たとえ足の先があなたの方を向いていても、何度も足を組みかえるしぐさがみられたら、相手の男性はその場を不快に感じているのです。

【手】手のひら→こちらへ向いていたら好感触

手のひらの向きで、男性があなたに心を開いているかどうかの心理が分かります。手のひらをこちらに向けて開いていると好感触、逆に見えないようにしていたら相手の男性の心はまだまだ開いていない様子。

また、机の上に手を乗せていたり前に乗り出していたら、あなたに好意があると認識してもよさそう! 手のひらがこちらを向いているといるのは、相手の男性はあなたに気を許している心理の現れです。前は手のひらがみえていなかったのに、最近は手のひらがみえると感じたら前よりも心を開いてくれているということ。さらに、相手の男性が手のひらをよく見せてくれているほど、心を開いています。
相手の男性の手のひらがみえないときは、あなたが手のひらを見せてあげましょう。あなたの手のひらがみられれば、自然に相手もあなたに心を開きやすくなりますよ。

まとめ

表情は変えられても、しぐさは無意識にしてしまっているためコントロールが難しくなります。そのため、どんなに気をつけていても本心がしぐさに出てしまうのです。
あなたも、本心を知りたいのなら相手の男性の表情ばかりに目を向けずしぐさを気にかけてみてください。きっと表情ではわからない男性の心理がみえてくるはずです。

Written by h103