男にとって「結婚したいオンナ」の条件ってなに?“本命彼女”になるために磨いておきたい2つのこと

ラブラブではある。

交際期間もそれなりにあって、お互いの友達にも紹介しあってる。

でも、そこから発展しない。

そんなモヤモヤを抱えている女性も多いのではないでしょうか?

もしかしたら、あなたは彼にとって“結婚したいオンナ”ではないのかもしれません。

今回はそんなモヤモヤ中の女性に、男性が求める本当の“本命彼女の条件”と、本命彼女になるためのある条件の磨き方をご紹介します。

■こんなにも違う!? 結婚したい女性(本命彼女)と付き合いたい女性の違い

本来は“付き合いたい人=結婚したい人”であるはずですが、東京・表参道や横浜みなとみらいをはじめ、全国14ヵ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルがおこなった調査で、面白い結果が出ています。

まず、全国の23歳~39歳の未婚女性300名を対象に「結婚したい人と付き合いたい人の条件についてのアンケート」を実施したところ、順位の違いこそあれ「価値観が合う」、「性格が優しい、穏やか」、「性格が誠実・まじめ」がTOP3にランクイン。

つまり、女性は結婚したいかどうかなど関係なく、常に同じ条件で男性を選んでいるのです。

ですが、未婚男性300名に同じ質問をおこなったところ、結婚したい女性の1位は「価値観が合う」、2位が「性格が優しい、穏やか」、3位が「金銭感覚が合う」という結果に。

一方、付き合いたい女性では、1位に「美人・かわいい」、2位が結婚したい女性と同様に「性格が優しい、穏やか」、3位に「価値観が合う」がつづきました。

この結果を分析すると、付き合うだけなのであれば外見の良さと、多少なり自分のワガママ(例えば浮気など)を許してくれるような女性がいいと考えている男性が多いのではないでしょうか?

もし、現在の彼が自分の都合ばかりを押しつけてくることが多かったり、服装やスタイルなども含めて外見ばかりを褒めてきたりする場合は、セカンド女子の可能性があるとも解釈できます。

まずはどの部分で彼に選ばれたか、冷静に分析するようにしてください。

そうすれば、彼にとって将来までしっかりと考えてもらえている彼女であるかどうかを、判断できるはずです。

■結婚したい女性(本命彼女)になるために磨けること2つ

ここまでを受けて「私って、本命彼女ではないかもしれない……」と感じた、そこのあなた。

大丈夫です、まだ間に合います。

今から、男性が結婚したい条件として挙げていた中でも変えやすい「金銭感覚が合う」と「性格が優しい、穏やか」を、磨くことに意識していってください。

■1)金銭感覚は、バランスを意識する

入ってきた額以上の支出をしないこと。

これが金銭感覚の基本です。

これを常に意識していれば、貯金ができなかったり、衝動買いをしてしまったりということもおこらないもの。

まずは日々の支出と収入を把握し、このバランス感覚を養うことから始めましょう。

そうすると、だんだん“庶民感覚”も磨かれていきます。

例えば「レタス398円は高いな」とか、「トレンドに左右されやすい服はプチプラブランド、靴や小物は長く愛用するからハイブランドにしよう」とか、「肌に合うものでいいから、化粧品はドラッグストアのでいいや」とか。

財布の紐を緩めるところと締めるところが、だんだんと分かってくるんです。

そうすると、いかにデート代を毎回出してくれている男性側が頑張ってくれているかを実感できますから、デートでの言動も自然と変わってくるはず。

まずは、バランス感覚を養うところから始めてみてくださいね。

■2)自分と向き合う時間を作る

性格が優しい、穏やか。

こういう女性は、常に心に余裕があります。

余裕があるからこそ、日々のいろんな出来事を上手に受け流すことができるため、常に穏やかなんです。

では、心に余裕を持つにはどうしたらいいのでしょうか?

一番のオススメは、自分と向き合う時間を作ること。

めまぐるしく過ぎていく毎日や他人からの目線などに振り回されて、自分の内面と向き合っていない方は多いように思います。

そうやって自分の内面を置き去りにしていると、頭と心がバラバラになってしまい、コントロールできずに余裕もどんどんなくなっていってしまうのです。

そうならないためにも、自分と向き合う時間を積極的に作るようにしましょう。

1日15分からで構いませんので、以下のことを試してみるといいですよ。

■【体を動かす】

「リラックスは大事」とよく言われていますが、なかなか出来ないのが現実ですよね。

頭も心もスッキリできて、身体中の筋肉と脳にしっかりと酸素を送ってほぐすのには、体を動かすのが一番のオススメです。

15分間、近所をぐるっと散歩するでもいいですし、ヨガやストレッチをおこなうのもOK。

筋肉をほぐすことと、ゆっくりと呼吸することの2つを意識しながらやってみてください。

鍛えるのではなく、「今日も1日よろしくね」や「今日も1日ありがとう」などと、体をいたわる感覚を持ちましょう。

■【ごはんを作る】

「お腹空いてないかも?」と食事を抜いたり、デリバリーや外食で済ましたりするのは簡単です。

ですが、わざわざ献立を考えて、買い出しをして自分のために食べたいものを作る。

それだけで気持ちにゆとりが生まれます。

また、料理をしている最中は段取りに集中しますから、その間は無駄なことを考えずに済むので、脳のリフレッシュにもつながるのです。

お洒落な食卓にする必要はありません。

スープだけ作って、買ってきたパンをお皿にうつして、ゆっくり食べる。

それだけでもOKです。

サラダやフルーツもプラスすれば、美容やダイエット効果も期待できますよ。

■【掃除をする】

テスト前になると、掃除がしたくなる症候群に陥ったことがある人は多いはず。

人は追い込まれると「スッキリしたい!」と考えて、爽快感を感じやすい掃除に手を出す傾向にあるようです。

つまり、掃除には部屋だけでなく、脳や気分をも清々しくスッキリさせる効果が期待できます。

また、多くの男性が「片付けられない、整理できない女性との交際や結婚は避けたいと考えている」という調査結果もあります。

恋愛力を高めるために、毎日1箇所でも部屋を掃除する癖をつけましょう。

■【読書をする】

脳も心も、一日中せわしなく刺激を受けています。

たとえボーっとしていても、考え事をしてしまえば脳も心も休まっているとはいえません。

読書は、文字を追うことや内容を理解することに集中するため、脳が無駄な刺激を受けるのを防ぐことができます。

また、尊敬する人や目指す人が書いた本や、前向きになるような言葉が詰まった本を読めば、“素敵な言葉”を自分にインストールでき、心に良い刺激となるはず。

考え方も、心もゆとりを持てるようになること間違いなしです。

「イイ女」と言われるのは気持ちが良いものです。

ですが、一番言われたいのは、自身が一番大切に思っている男性からの「結婚したい」ではないでしょうか。

そのためには、まず本命彼女になることが求められます。

彼にとっての“結婚したいオンナ”となるためにも、バランスの良い毎日を送って、自身を磨いていってくださいね。