同窓会で彼氏を探すと、スムーズに交際が実現するワケ

筆者は女子高出身で、当時のクラスメイトとそれほど親密にしていたわけでもないので、同窓会というものに出席したことがありません。もし参加したとしても女性ばかりで、他愛ない世間話をするだけで終わってしまうでしょう。

しかし、共学の高校に通っていた女友達は、同窓会に行ったのをきっかけに、当時の彼氏と数十年ぶりにヨリを戻したとか、当時は何とも思っていなかったクラスメイトと付き合うことになった、なんて話を嬉々としてするのです。まったくもって羨ましい話ですが、「同窓会」はいったいどんな風に恋のきっかけになるんでしょうか?

Happy friends having fun and drinking wine - Friendship concept with young people enjoying harvest time together at farmhouse vineyard countryside - Bright desat  filter with focus on background faces

ブランクはあっても、元々知り合い

十年から二十年程の空白期間があっても、中学や高校で毎日を共に過ごした級友ですから、それなりに馴染みがあります。出身は当然ながら同じですし、学生時代の思い出を一緒に語れたり、通じ合う友人知人がいたりと、共通点が多いのも特徴でしょう。

ブランクがどれだけあっても、元々はクラスメイトでお互いを知り合っている点が、スムーズに親しくなれて、恋にも発展しやすいポイントだといえます。
特に、当時付き合っていて、進学や就職などで否応なく別れを選択したカップルは、イヤな思い出もなく、復縁しやすいはずです。久しぶりに再会して、かつての恋心がよみがえって……という流れから交際を復活させるケースは少なくないでしょう。

ブランクが「良いギャップ」になる

筆者の男友達は、高校時代はマドンナ的存在だった女性生徒が、アラフォーを迎えて「ひどいオバサン」に変わり果てていた……とショックを受けていましたが、逆のパターンも結構あるようです。

アラサー、アラフォーになれば、10代の少女にはない艶っぽさや色気が出てきますから、「あの地味子が激変した!」と驚かれたり、学生当時の面影が見いだせないほどキレイに変身したりする女性もいるのです。しかも、キレイに変化していく途中経過を見ていないため、男性は割増しで「すっかり魅力的になって……」と感じるはず。卒業してからのブランクが、良い意味でのギャップを生み出すでしょう。

女性は結婚をして出産を経験することで、一気に所帯染みる人が少なくありません。旦那さんという存在を確保したがために、女性らしさを維持する努力を怠る人もでてくるのです。同窓会では、そのあたりの差が顕著に見られるらしく、スリムな体型を保っていて、オシャレに気遣っている女性が、それだけで「キレイな人」と認められるんだそうです。

ピンポイントで独身男性を狙える

結婚によって所帯染みるのは男性も同じで、同窓会では「既婚か、独身か?」は、一目みてすぐにわかるんだとか。体型や髪形、ファッションにわかりやすく表れているそうです。

独身男性は、洋服や靴、バッグなどにちゃんとお金をかけていて、男としての自覚も失っていないのです。髪の手入れもしっかりしていて、染めていたり、パーマをかけていたりするのは、間違いなく独身者。既婚者で洋服や髪の毛にやたらと気を遣っている男性は、たいていが不倫常習者で、見た目が良いぶん警戒したほうが良いようです。

そのため、同窓会ではピンポイントで独身男性だけを狙える、という利点もあります。久しぶりに再会してクラスメイトと話すことといったら、「結婚した? 子供はいるの?」くらいですから、既婚か独身かを見極めるのは簡単なのです。

意外な「掘り出し物」があるかも!?

当時は坊主頭で、野球してたことくらいしか覚えてないな……という男子が、体格の良い凛々しいイケメンに成長しているケースがあります。あるいは、ガリベンのイメージで、頭は良かったけどモテるタイプじゃなかった……という男子が、一流企業の管理職に就いてバリバリ働いているとか。

学生時代にモテた人ほど、アラサー、アラフォーになって「パッとしないオジサン」になっているものです。同窓会では、意外な「掘り出し物」に巡り会えるかもしれません。お誘いが来たら、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

Written by 岡崎咲