究極の逆プロポーズ!煮え切らないカレに「うん」と言わせる方法

こんにちは、コラムニストの愛子です。なかなか決断できないカレに任せておけず、私から逆プロポーズしよう、と考えている女性の皆様!今回はそんなあなたにおすすめの心理テクニックをご紹介します!
逆プロポーズのイメージ

譲歩的要請法(ドア・イン・ザ・フェイス)って?

有名な心理テクニックの1つで、営業マニュアルに載っている会社もあるのだとか。まず絶対に受け入れてもらえなさそうな難しい要求をし、わざと拒否させておいて、その後にハードルを下げたお願い(本当の要望はこちら)をするという交渉方法。これは罪悪感と返報性の法則を利用した心理テクニックです。 1度あなたからの要求を断り、罪悪感を抱えている相手は、あなたが最初の願い事を取り下げてくれたことに対し、お返ししなければという心理(返報性の法則)に陥ります。だから2度目に出された軽い要求くらいは呑もうと考えてくれるのです。 さあ、これを逆プロポーズに使ってみましょう。

STEP1:豪華な挙式をおねだり

まずは、絶対に受け入れてもらえなさそうな難しいお願いをしましょう。例えば、豪華な挙式なんていかがでしょう? 超一流ホテルや海外での挙式、ブランドの高級なウエディングドレス、有名シェフに式の料理を任せたい、お色直しを何回もやりたいなど、思いつく限り贅沢なおねだりをしてみましょう。 結婚にすら二の足を踏んでいるカレですから、きっと「一体いくらかかるんだろ~」とゾッとするはずです。恐らくそれは無理だよと断ってくるでしょう。

おねだりするイメージ

STEP2:あなたと結婚できればそれだけで十分

そこで次に、「そりゃそうだよね。でもいいの。そんな豪華な式なんて挙げなくても、私はあなたと結婚できればそれだけで十分すぎるくらい幸せ」とあなたの本当の願いを伝えましょう。きっとカレはそろそろ覚悟を決めようと思ってくれるはず。 もちろん、カレにまったく結婚願望がない場合は別ですが、いつかはあなたと、と考えてくれているものの、踏ん切りをつけられずにいる、という状態であればかなりの効果が期待できるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください! Photo by fotolia