顔ですぐ分かる!人相で見抜くダメ男とイイ男のチェックポイント

 


初対面でまず見るところと言えば、“顔”ですよね。
手相などと同じで、人相にもそれまでの人生が反映されていると言えますので、予想以上に当たります!

今回は、性質を見抜く際のチェックポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみて下さいね。

こんな男は要注意

まずは、悪相と呼ばれる人相からご紹介します。

・おでこが狭く、ツヤがない
おでこが広い人は頭が良い、という話を聞いたことがありませんか?実際に人相学では、おでこが狭い人は考えることが嫌いで、本能的に行動する浮気性の人が多いと言われています。ツヤがないのも悪相。

・眉間の幅が狭い
平均は指2本分と言われる眉間の幅ですが、ここが狭い男性は感情的で包容力がないタイプです。シワがあるのも人相的には良くありません。短気でいつもイライラしていたり、小心者の可能性があります。

・極端に目尻が下がっている
目尻が下がっている人は優しい人。でも、極端に下がっている人は浮気性だと言われています。セックス依存症の可能性もあるそうです。

・かぎ鼻&上向き
鼻先が下を向いているかぎ鼻は自己中でケチ、鼻先が上向きの場合は自己中やナルシストが多いと言われています。鼻の穴が隠れれば隠れるほどケチで、見えれば見えるほど散財の相です。

・唇が薄い&締まりがない
情の厚さと唇の厚さは比例すると言われ、唇が薄い人は情も薄いです。下唇が厚い人は自分大好きなナルシストの傾向が。そして黒ずんだような赤い色で締まりのない口元は、異性関係の乱れを示しています。

・歯並びが悪い
人相学では歯並びもとても大事です。大きさや形などがバラバラで歯並びがガタガタの人は、自己中心的で暴力的と言われていて、恋愛で問題が起こりがち。

理想的なのはこんな顔

次に、良いとされる人相をご紹介します。

・おでこが広くて、ツヤがある
でこにバカなしという言葉もあるほど。少し張っているのが◎。

・眉毛の濃さと太さが程良く、毛並みが揃っている
眉毛の濃さは情、太さは精力、毛並みは気性を表すと言われます。

・大きめで厚い耳、穴も大きめ
耳が表すのは、ふところの大きさと財力。耳たぶが肉厚で、さらに真下に向かず「くの字」に曲がるように上を向いている形が福耳です。

・切れ長の目
吊り目ではなく平行な切れ長の場合、男性は仕事運も家庭運も良く◎。

・鼻筋の幅がやや広め
この幅は心の広さを表していると言われています。狭い人は利己的。

・適度に張ったエラ&丸いあご
エラは張りすぎもその逆も×。丸いあごは包容力があり、人望が厚い。

中身が大事なのはもちろんですが、年齢を重ねるとその中身が外見に表れるようになるため、顔を見れば性格まで分かる可能性が高いと言えます。
女性が気にしている法令線も、人相学においては大事なポイントだそうですよ。自分の人相を元に、相性が良さそうなタイプを調べてみるのもおすすめです。

        【あわせて読みたい】