彼氏とのペアグッズ、何だったら恥ずかしがらずに持ってくれる?

最近は、ぺこ&りゅうちぇるのカップルに象徴されるように、ファッションのテイストが似ていたり、ペアルックを着たりする恋人同士が多くなっているかもしれません……が、中高生時代や20歳前後ならまだしも、アラサーに突入すれば、「ペア」という概念そのものが、結構キツくなってくるでしょう。

男性は働き盛りを迎えて、誰もが凛とした雰囲気を漂わせるようになりますし、年齢を重ねるに従い、親しい男友達にも自分の恋愛を話さなくなるものです。彼女のことは大切に思っても、それを周囲にひけらかす行為を避けたがるはずです。

アラサーカップルが、お互いに違和感なく「ペア」にできるものは、いったい何なんでしょうか?

1220-3001

男性が「これはムリ……」と思うペアグッズ

男性が特に嫌うのは、洋服、アクセサリーのペア。10代ですら、ペアルックは勘弁して……と思うかもしれませんが、指輪やネックレスであっても、「仕事柄、つねにできるものではない」とか、「女性同僚から冷やかしを受ける原因になる」などを理由に避けたがる男性が多いようです。

既婚者なら結婚指輪として周囲も公認するものの、独身で指輪をはめて違和感のないアラサー男性は、かなり限定されてきます。ラフでカジュアルな私服での勤務が許されている業界で働くとか、日頃からアクセサリーをつけているオシャレ男性などにはペアリングも良いかもしれませんが、公務員や医療関係者、つねにスーツを着るような堅めの仕事に就く男性には、受け入れにくいペアグッズになるでしょう。

男性がすんなり持ってくれる、OKペアグッズ

アラサー男性にとっては、スマホケースを彼女とお揃いにするのも、なかなか抵抗があるかもしれません。どんなデザイン、色を選ぶかにもよりますし、仕事で頻繁に電話を使う男性は、「ちょっとキツいかも……」と敬遠しがちになるでしょう。

ただ、黒や茶など、ビジネス仕様にもなるケースであれば、男性もすんなり受け入れてくれるはず。同じブランドの色違い、という提案も良いんじゃないでしょうか。
もし、男性にスマホの機種変更をする予定があれば、タイミングを合わせて同じ機種・色に揃えるというのも1つの手です。

そして、人目につかない部分をお揃いにすることに対しては、男性も寛容になります。下着をペアで揃えるのは、二人だけの秘密を共有するような感覚もあり、良いかもしれません。
あるいは、自宅で使うマグカップ、部屋着、食器あたりも、無難なペアグッズだといえるでしょう。プレゼントとして贈れば、彼もすすんで使ってくれるはずです。

男性がペアグッズを贈ってくれる場合

男性がペアグッズを贈ってくる場合、彼女を独占したい気持ちが高まっているといえます。また、よりいっそう親密な仲を築きたいという意志の表れでもあるでしょう。プレゼントされるペアグッズが、アクセサリーや高級品であれば、男性が真剣交際を狙っていると見て間違いありません。

……実は、筆者も過去に、仕事をする上で親しかった男性にお揃いのピアスを贈られたことがありました。しかし、自分としては、その人とお付き合いする気がなかったので、どうしたもんかと困ってしまいました。「いいな」と思う男性からプレゼントされるなら、心の中でガッツポーズを作ったはずです。

何を共通で持つにしても、ペアの品を持ち合うことは、それだけお互いの愛が深いと自覚できます。彼氏に提案するなら、男性が持ちやすいものを言うと良いでしょう。

Written by 岡崎咲