愛は人を弱くする……恋愛嫌いな大人たちが増える理由はここに?

いま、たびたびメディアで「恋愛しない若者」がクローズアップされています。個人的には余計なお世話だと思うのですが、そうは言っても、20代、30代にもなって誰とも交際しないというのは味気ないと言えばそうなのかもしれません。ただし、恋愛をできないこととしないことは明確に違いますよね。

ひとくくりに「彼らは恋愛ができない」とまとめられている大人たちの中には、思うところがあって恋愛をしていない者というのもいるでしょう。なんせ人は、愛情を知ると精神的に強くなる反面、確実に弱くなる部分だってあります。これが嫌で恋愛をしていないという人物、少なくとも僕はこれまで数名出会いましたし、彼らの主張もよくわかるところです。

silhouette hand gesture feeling love during sunset

恋愛をすると、弱くなってしまうのが嫌だ!

ある男性は、そこそこモテそうなルックスをしているにも関わらず、10代の頃に恋愛をしたのを最後に、恋人を作ることをしませんでした。その理由は「恋愛をすると弱くなるから」と言います。
彼は職業柄、ちょっと乱暴な言葉が飛び交う世界で生きているのですが、そういう場で働くわけなので、とにかく常に気を張っているわけです。

で、ここで思い起こしてほしいのですが、恋愛をするとだれしも、心に余裕が生じて優しくなっていきますよね。そのやさしさが、たとえ恋人だけに向けられるものであっても、彼はそれが怖いというのです。誰かにやさしくすることで、自分が職場のライバルに「弱くなった」と思われたくない。そう思って、恋愛をすると弱くなると感じているわけですね。

愛情が人を弱らせ、日和らせる……

恋愛をすると、人には守るべきものが生まれます。恋人を守りたいと思う気持ちが生じます。これは言ってみれば、自分のことだけ考えてれば良かった時期では、ともすれば自分がどうなっても別に構わないと考えることができたけど、恋人がいる上ではご法度。自分に何かあったら恋人を悲しませますし、恋人に何かあっても一大事。

男性って一度ぐらいはデート中に「もしここで怖い兄ちゃんたちに囲まれたらどうしよう」って考えた経験、結構あるんです。そんな「もしも」がプレッシャーになるなんておかしな話ですよね。

恋愛だけじゃありません。一人暮らしをしていた強気で無鉄砲な男性が、ペットを飼いだした途端、色んな「もしも」を想像して気弱になっていったという事例も見たことがあります。普段強気な人ほど、いざ守るものが生まれた途端、考え方がややネガティブになっていくのかもしれません。

おわりに

恋愛をしない理由は人によっていろいろとあるものでしょう。しかしその中には、今回ご紹介したような「そんなことで悩むなよ」と言いたくなるような些細なことが重荷になるのが嫌で、恋愛をしていないという人もいるようです。人それぞれとは言いますが、まさにこういう人たちは特例中の特例と言えるかもしれませんね。でも、そういう人達の気持ち、分からないでもないです。

Written by 松本ミゾレ