思わず男性が虜になる! 色気のある女性になるための5つのポイント

色気のある女性って、男性だけでなく女性をも引きつけますよね。「色気のある女性になって魅力を手に入れたい」と思っている女性も多いのではないでしょうか? とはいえ「私は貧乳だから……」「お尻が小さいから……」と諦めてしまっている人もいるでしょう。

色気は、胸が大きいとかお尻が大きいなどという単純なものではありません。言葉づかいやファッション、さらには生き方にも「色気」は表れます。妖艶で思わず虜になってしまうような、色気のある女性になるにはどうすればいいのでしょうか?

istock-483291083_r

色気のある女性になるための5つのポイント

色気のある女性になろう! と思うと、つい「エロい格好をすればいいんでしょう?」なんて勘違いして、襟ぐりの開いた服をきて胸の谷間を見せたり、ミニスカートを履いて脚を見せたり……なんてことをしてしまいがちです。
しかしそれでは「色気のある女性」ではなく「ヤレそうな女」になってしまいます。色気のある女性になるためには、「エロさ」と「知性」そして「気品」が備わっていなければなりません。そのためにも、次の5つのポイントを心がけましょう。

1:言動はゆっくり丁寧に

色気のある女性は、物や言葉を丁寧に扱います。物を置くときは音をたてず、壊れないようにそっと扱い、話すときはゆっくりと相手が聞きやすいトーンを心がけます。言葉を丁寧に扱うので、聞いている人は思わず耳を傾けてしまいます。話が盛り上がると、つい声が大きくなったり、まくしたてるようにして話したりしてしまいがちですが、言動が乱暴な人には色気を感じられません。

日頃から、自分が大切にしている物を扱うようにして言葉を操り、身の回りの物に触れるように心がけましょう。また、話すときはいつもよりも少しゆっくりにするのがベター。時と場合に応じて、声のトーンも相手に聞きやすいように対応しましょう。

2:相手の目をじっと見つめる

「目は口ほどに物を言う」と言われていますが、アイコンタクトは色気に欠かせない要素です。相手への好意や嫉妬や愛しさ、あらゆる感情を「目」で伝えられる女性には色気がムンムンと漂っています。相手の目をじっと見たり、視線を送ったりと、目で上手に気持ちを伝えられるようになりましょう。

目で伝えるためには、まばたきのスピードをゆっくりにしたり、伏し目にしたりと上手に視線を操れるようになるといいですね。はじめは、相手の目をそらさずに3~5秒間見つめるのを心がけるといいでしょう。

3:髪の毛をサイドに寄せる

色気のある女性の多くは、ツヤのある髪の毛を上手に利用しています。髪の毛を耳にかける仕草や、前髪をかきあげる仕草など、髪の毛を使った色気を演出する方法は沢山あります。自分に合った演出法を研究してみてくださいね。

なかでもロングヘアの人にオススメなのは、髪の毛を垂らしたままサイドに寄せる方法です。髪の毛を片側へ寄せることで、隠れていたうなじが出現し、色っぽく見せることができます。このとき、意中の相手が右側にいたら右側を、左側にいたら左側の髪の毛を持っていき、相手にうなじをみせるようにしましょう。

さらに、事前に髪の毛に香水を1プッシュしておくのもオススメです。髪の毛を手で払うと同時に、ふわっとした香りが漂うので、色気もたっぷり。隣にいる男性をメロメロにすること間違いなしです。

4:ほどよく隠す

色気のある女性は、肌も私生活もほどよく隠します。決して過度な露出をしたり、過去の恋愛経験をの豊富さをアピールしたりしません。色気のある肌の露出のポイントは「首、手首、足首」の3つの首を見せること。胸元まで見せると下品ですが、鎖骨は見せます。手首や足首など女性らしい曲線を描いている部分はどんどん見せていきましょう。

また、色気のある女性はミニスカートをほとんど吐きません。ミニスカートで脚を見せるのではなく、腰からお尻にかけてのラインがわかるタイトスカートを好む傾向があります。

さらに、私生活もほどよく隠すのが色気のある女性。過去の恋愛や恋人の存在がなかなか見えないので「どういう恋愛をするんだろう?」「休日は何をして過ごしているんだろう?」と、相手をどんどん夢中にさせていきます。「見せる色気」ではなく「見せない色気」を心得ているのが、色気のある女性なのです。

5:大声で笑わない

楽しいことがあると、つい大声で笑ってしまったり、手を叩いて笑ってしまったりしますよね。女子会で大爆笑をするのは楽しいですが、気になる男性の前では手を叩いて笑わないようにするのがベター。大声で笑ったり、手をたたいたりして笑うのは、がさつにみられがちだからです。笑うときは手をたたくのではなく、手で口元を少しだけ隠し、鈴が転がるような色っぽい声で笑うよう、意識しましょう。

「色気」を学ぶにはファッション誌ではなくグラビア誌を見よう!

上で挙げた5つのポイントに加えて、さらに色気を研究したいなら、ファッション誌のお洒落で可愛いモデルさんよりも、グラビアに乗っている水着姿の女性をよく観察してみましょう。ファッション誌のモデルさんは、女性からみた「かわいい」や「色気」が詰まっていますが、グラビア誌には男性からみた「かわいい」や「色気」が詰まっています。

女性から見た「色気」と男性から見た「色気」は、実は根本的に違うので、流行りの色気のある女性を目指しておフェロメイクをしたけどウケがよくなかった……なんてことになりかねません。日々研究し、言動を気をつけながら女性らしい色気を身につけていきましょう!

Written by 小林リズム