恋のカギは“親しみやすさ”。声かけられ上手な隙の作り方

 

なんであの子はあんなにモテるの?正直、容姿やスタイルなどのステイタスは私と変わらない。なのに、あの子の方が異性に声をかけられていることが多い。どうして?と、思うことって一度や二度はありませんか?状況やその彼女の性格にもよりますが…たった一つ明確な違いがあるとすれば。それはやっぱり、親しみやすさの違いではないでしょうか。そこで今回は異性が思わず声をかけてしまう、親しみやすさの作り方をご紹介したいと思います。
そっけないイメージ

■知らず知らずのうちに、ツンツンしてません?

合コンや街コン、婚活パーティや趣味サークル。大人になっても出逢いの場は自分から飛び込めばたくさんあります。そんな中で勇気を出して参加しても、つい異性の前で緊張しちゃうことはありますよね。 とはいえ緊張してしゃべることができない、異性をチラっと遠くから見てるだけ。これはどんなにその場に出逢いのチャンスがあっても、恋のキッカケは生まれません。 緊張や照れが、知らず知らずの内に相手にはツンケンしていると見られてしまうのです。

親しみやすいイメージ

■目が合ったら、ニッコリ微笑み会釈する!

アイコンタクトは会話の生まれないコミュニケーション。アイコンタクトを取った後のアナタの反応次第で男性のアクションは決まります。目が合ったら、必ずどんな相手でもニッコリ微笑んで軽く会釈しましょう。 目が合った相手に対して、友好的な態度を取ると相手は安心します。そこが出逢いの場であれば、話しをかけてみようという気持ちになるので、恥ずかしがらずにニッコリ微笑み会釈をする小技を身に付けて!

高齢の方へ親切にするイメージ

■困っている人に積極的に手助けする

親しみやすさというのは日頃の行いに表れる。初対面でも臆することなく話ができる人というだけでなく、初めて会ったのに、この人とは話しやすいなと相手が感じ取ってくれるのが、親しみやすい人の特徴です。 ではどうすればそんな親しみやすさを作れるのか。それは日頃から周りを観察して、困っている相手に手を差し伸べてあげることで磨かれます。例えば電車では高齢の方に席を譲ったり…など、誰が見ていなくてもできる心遣いが親しみやすい雰囲気をつくります。

目を合わせて話すイメージ

■目を合わせることを恐れない

緊張したり、初対面の方と話すのが苦手な方に多い特徴。それは、相手と目を合わせて話すのが苦手だということなんです。 人は自信が持てる分野や事柄に対しては、姿勢や態度も自信に満ちあふれています。しかし、緊張したり、人付き合いが苦手な方ほど、目線が下に向き、なるべく人と会話しない様になってしまいます。 そんなアナタを見た受け手側の人は、アナタから拒絶されていると誤解をして、距離を置いてしまう。そうならない為にも、まずは相手と目を合わせるということを積極的に訓練しましょう。

■一緒にお話しませんか?の一言をGETするのがカギ

劇的な一目惚れなんていうのはほとんどがドラマの世界です。恋が始まるキッカケの多くは、相手との会話の中で生まれます。余計に緊張してツンツンすればするほど、その会話の機会は失われます。 なんであの子ばかりがモテるの?それはきっと彼女が親しみやすいからなのではないでしょうか。恋が始まるキッカケを惹き寄せる為に、今日から親しみやすさをつくりましょ♡ Photo by fotolia