2017年に期待!アラサー女子が今年出会った衝撃のダメ男たち

2016年も残りわずか。今年はどんな一年だったでしょう?みなさんそれぞれ、いろいろな出会いがあり、別れもあったかもしれませんが……中には「信じられないほどの クソ男 に会った!」という人もいるでしょう。

2016年の最後に、今年出会った「想像を超える恐るべき クソ男 」を、今年も一年間、数々の合コンをこなしてきたアラサーガールたちにリストアップしてもらいました。こんなひどい男性、本当にいるんです!

◆デパ地下試食をコンプリート男

まず1人目は独女の大好物!優良物件男子とのドケチデートエピソードです。

「カレは見た目もまあまあ良くて大手勤務。港区在住で37歳独身という、独女垂涎のスーパー優良物件!だったんですが……初めての食事デート(夜)を経て、2度目のデートは昼間に待ち合わせて、都内をぶらぶらデートでした。当然、夕食を食べて帰る流れを想定してたんですが、夕方になり『ちょっとデパ地下行かない?』と彼。

私は『お惣菜を買って、彼の家でご飯、ってことかな?』と思ってちょっとドキドキだったのですが……デパ地下に行くなり、あてもなく次から次へと店をのぞき、ひたすら試食し始めてたんです。

『食べないの?』と私に問う彼の意図が分からず困惑。そしてなんと、約40分をかけてデパ地下をうろつきまくった彼は『よし、おなか一杯になったね、帰ろうか』とそのまま2人で夕食を取ることもなく、別々に帰途につきました」(28歳/事務)

こんな人、実在するんですね。怒りを通り越して呆れるというか、ドン引きです。

◆2時間で歴史を振り返る クソ男

「その人は30歳で大手のメーカー勤務。社内では出世コースにいるらしいです(本人談)。あまり好みではなかったけど、合コンで出会ってそのあと食事のお誘いが来たので、とりあえずタダメシだと思って行きました。

食事が始まると、お互い旅好きということが分かっていたので、さっそく旅行の話に。そこからとにかく彼の携帯が大活躍しました。SNSの写真とともに、これまでの旅先をすべて詳しく解説し始めました。2時間、私の発言は『すごいね』『きれいだね』『行ってみたいな』のみでしたね」(29歳/事務)

彼のつまらない話に付き合わされたうえ、最後はまさかの割り勘でダブルパンチを喰らったそう。自分の旅自慢をしたいだけならブログでも書けばいいのにと思ってしまいますね。

◆ロングヘアが好きすぎる クソ男

クソ男

「出会ったのは友達の合コン。なんと東大出身で、しかし適度に遊んでそうな感じの男性でした。その場も盛り上がり、連絡先を交換しましたが、とくにお互い、連絡することはなくて『また飲みましょう』の社交辞令くらい。

ところがその数か月後、大人数のハロウィンパーティーで再会。そのとき私は、仮装の一環で普段のショートヘアではなくロングヘアのウィッグを身に着けていたんです。すると『髪長いのすごくいい!』と繰り返し大絶賛。

翌日からいきなりラインの嵐が。その2週間後、彼があまりにしつこいので友達を連れて2対2で再び飲んだのですが、その時はもちろん、私は地髪のショートヘア。すると飲み会後『○○ちゃん、髪伸ばしたほうがいいよ!』。LINEもピタリと来なくなりました」(27歳/医療)

どれだけロングヘアが好きなんでしょうかね?いくらハイスペックとはいえ、こだわりの強い男性は付き合ってからも苦労しそうです。

◆空気読まなすぎ社長

「私が幹事の食事会でのこと。男女3対3で、男友達が友人を2人連れてきたのですが、その一人がとある企業の経営者の方で、信じられないくらいの暴言野郎でした。私の友達に、到着早々、『眠そうな顔してるね。しかも誰にでもヤラせそう』とひと言。場が凍りつきました。

さらに会の最中、もう一人の友達には『顔は普通だけど頭悪そうだね』。男性2人も相手のほうが立場が上だけに何も言えずに苦笑いでした。美味しい割烹をご試走してくださったので文句を言える立場にはないかもしれませんが……私が連れて行った友達が気に入らなかったにしても、あり得ない、失礼過ぎる!」(31歳/マスコミ)

この世には、なかなか想像し難いほどのクソ男がいるものですね……。そんな男性と一緒に過ごす時間はとにかく苦痛でなりません。しかし後日、女子会のいいネタになりますし、プラスの見方をすれば経験値アップです(笑)。

次に出会った男性が3割増しで素敵に見えちゃうかもしれません。なにはともあれ、2017年も(こそ?)、まともで素敵な男性との出会いが待っていると信じたいものです。

【関連記事】

【婚活最前線】腕に「歯型」!?ナンパ男はやっぱりやっぱりクソな理由

当日アポにイラッ!誘い方がヘタクソな男との向き合い方