好きな人から誕生日に贈ってもらえると嬉しい花ランキング5つ

誕生日にお花を貰った経験ってありますか? 花ギフトって、女性を象徴するアイテムのひとつ。好きな男性からお花を貰えたら……と思うと、何だかロマンチックですよね。

もし付き合っている彼からまだ貰ったことがないなら、誕生日にちょっと要望を出してみては。
多くの男性は花を贈ることに慣れていないので、「この花がいい!」といっそのことお願いしてしまった方が、男性も候補が絞れてプレゼントしてくれるかもしれません。

0105%e6%9f%9a%e6%9c%a8%e6%b7%b1

5位:プリザーブドフラワー

花ギフトで人気ですね。花は当然生ものなので、せいぜい持って数週間が限度ですが。プリザーブドフラワーなら、手入れの仕方で数年と長持ちさせることができます。一時だけの楽しみではなく、長年にわたって鑑賞ができるのは嬉しいメリットですね。

プリザーブドフラワーとひと口に言っても、様々な種類があります。額縁に入ったもの、箱の中にキレイに詰め込まれたものなど。彼から貰ったお花をずっと部屋に飾っておけるのは、プリザーブドフラワーだけでしょう。

4位:フラワーケーキ

見た瞬間、「かわいい~!」と言ってしまいたくなるフラワーケーキ。本当に見た目がケーキのようで、「おいしそう」と感じてしまうほどクオリティーが高いです。誕生日といえば、やはりケーキが外せないもの。

ケーキ代わりにお花をプレゼント、なんていうのもなかなか憎い演出になりそうですね。あなたの好きなケーキに合わせて贈ってもらってみては。ショートケーキ、ショコラケーキと、デコレーションの幅は本物のケーキの種類と負けずと豊富です。

3位:赤い、ピンクのバラ

プレゼントの花と聞いて、バラを思い浮かべる女性は多いはず。なかでもピンクと赤のバラは、女性らしさを象徴する色ですよね。赤のバラは「情熱」、「愛情」、「あなたを愛します」を意味し、ピンクのバラは「しとやか」、「愛の誓い」、「幸福」を意味します。

赤いバラは数が多くなると、色が際立ち過ぎてしまうので少な目で。ピンクのバラならカーネーション、ガーベラが一緒になったものを贈ってもらえると、より華やかな印象になりそうです。バラの数にも意味があるので、あなたの気持ちに合わせて要望を出してみては?

2位:ホワイト×グリーンのブーケ

「赤とピンクはちょっと恥ずかしい……」という女性は、ホワイトとグリーンで合わせてみては。同じバラも白だと違った印象になります。合わせてガーベラ、トルコキキョウを組み合わせられれば、清潔感があって優しいイメージを醸し出すでしょう。

男性が持っていてもスーツに映えそうですし、結婚式やパーティー、イベント時の帰りに贈ってもらえると、あたかもシチュエーションはドラマそのもの。ブーケで贈ってもらえれば、まさに女性が貰って嬉しいイメージ像にぴったりの演出ですよね。

1位:オーダーメイドする

彼と一緒に決めるなら、オーダーメイドという手もあります。彼に選んでもらうより失敗がありませんし、一緒に決めることでお互いが納得できる形に仕上げられるはず。自分が手にして嬉しいイメージを伝えて、記念に残る誕生日花を作ってみては。

いかがでしたか。ひと口に花といっても、プレゼントとなると、どんなものがいいか迷ってしまいますよね。花ギフトをきっかけに、ぜひ素敵な誕生日にしてみてください。

Written by 柚木深つばさ