意中の彼を惹きつける「合コン必勝術」

宴会シーズンですね。
皆さんは、合コンや飲み会で意中の人がいた場合、どんな作戦で挑んでいますか?

「まぁ流れで……」「うまくいけばいいとは思うけど……」

えっ? む、無策……!?
今回は、合コンで意中の彼を惹きつける「必勝術」を伝授しましょう!

Low angle view of happy start up team toasting with wine while celebrating their business achievement.

理想のメンバー選出

今回はモデルケースとして男女比3対3の合コンをイメージしてください。聞く所によると、これが合コンの最も勝率の高い人数比率らしく……。
女性の敵は女性。だからといって自分よりレベルの低い女性を誘えばいいかというとそれはダメ。では自分以外の2人はどんなタイプがいいかというと?

まず1人は見た目が自分と似たようなタイプの女性。贅沢をいわせてもらえば、レベルは同等だけど、自分よりよくしゃべり、豪快に笑う、いわゆる「盛り上げ役」タイプ。もう1人は、見た目は悪くないけれど「いまいち垢抜けない」タイプが理想的。
そして自分は、よく笑うけれど豪快ではない。垢抜けてはいるけど派手に遊び回っているタイプではない。……という他の2人の間を取るようなポジションを意識しましょう。

彼の左側の席を死守

飲み会では、どこの席に座るかも勝敗に関わる重要事項です。
なんでも「合コンは席順ですべてが決まる」という格言があるらしい!
大人数ならともかく、合コンでは席替えって言い出し辛いもの。隣の人のこと「気に入らない」って言ってるみたいになるし……。
だから最初の席取りが大切なんです。黄金の席順をお教えします。

テーブルをはさんで、通路から見て左側に男①、女①、男②。右側に女②、女③、男③、と座るとして……自分は女③の位置を確保してください。それだけじゃダメですよ。ポイントは、“意中の彼に、男③の位置になんとしてでも座ってもらうこと”です!

なにより1番大切なことが「ターゲットの左側に座る」ことなんです。
これには心理学的な根拠があり、「人は自分に同意してくれる人物が心臓側にいると落ち着くようにできている」のです。
人は無意識に心臓のある左半身を守ろうとします。左側の居心地が良いと、心を開きやすくなります。ですから、意中の彼の左側を確保し、話をしながら彼の心を開きましょう。褒めたり、同意したり、ときには甘えたりしながら、彼の“本能”に直接働きかけるんです。

他のメンバーの(自分にとって)黄金の席順

他のメンバーの席順によっても勝敗は左右されます。そう上手くは運べないかもしれないですけど、理想の席順を伝授しておきましょう。

●自分の左側
ここには女②、「可愛いけれど垢抜けてない」女友達に座ってもらいます。
左側には安心できる人をってお教えしましたよね。あなたは自分の右隣の意中の彼に集中したいわけですから、左側にはもっとも気を使わないでいい……男性でもなければ、ライバルでもない……女友達に座ってもらうことです。彼女になら優しく接することもできるはず。同性の友達と楽しそうにしている姿や、優しく接する姿は、意中の彼の目からも微笑ましく映ります。注意点としては、彼女を引き立て役のように扱ってイジり過ぎないこと。自分のイメージダウンになってしまいます。

●意中の彼の向かい側
男②の位置は、男性のお笑い担当クンに座ってもらうのが理想的。
女性が自然に男性にボディタッチができるのはどんな時でしょう?
そう。笑った時ですよね。
よってお笑い担当クンが彼の向かいの席にいれば、身体をよじって笑いながら意中の彼に触れたり、もたれたりが自然な流れの中で出来ます。これにも注意点があって、ボディタッチは彼だけでなく左に座る女友達にも使うってこと。あんまりバレバレなのはちょっと……ってことです。

●通路側の席
ダサ子ちゃんの向かい側、通路側の男①の位置には大人しめの男性に座って貰うのがベスト。気の利く彼は追加注文や2次会のことなども仕切ってくれるでしょう。
となると、彼(大人しめクン)の隣は、豪快な女①ちゃんとなります。女①ちゃんは見た目も悪くないしノリがいい、でしたよね? ですから大人しめクンが寂しい思いをすることもありません。

おわりに

いかがでしょうか?
飲み会の席では1人でもノリについてこられないメンバーがいると、その人に合わせた行動になりがち。つまりこのモデルケースでいうと女②ちゃんのような子が「私だけ相手にされなくてつまらない」などと感じ、「帰る」と言い出してしまったら他の子も帰らざるを得なくなる……。男性陣でいうと男①さんのような「静」担当の人もノセていく、ということが重要になります。
ですから、男②(お笑い担当)クンが笑わせてくれたときは、意中の彼だけでなく、みんなを一緒になって巻き込んで盛り上げるといいでしょう。他の男性からの好感度も高まりますよ~。

参考資料:「モテまくれ。」 春乃れぃ モバイルメディアリサーチ

Written by mami

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…